ヴァイオリンがわかる!

ヴァイオリンがわかる!はヴァイオリンに対して熱意を持って取り組んでいる方を応援するヴァイオリン情報サイトです。

表現づくりと録音〜効率よく曲を練習する手順8/9

ある程度弾けるようになり、また、他のヴァイオリニストの演奏を充分に研究したら、自分なりの表現を作ります。言わば、音楽の「企画」や「設計」をする段階にあたり、とても楽しい作業です。楽譜に表現のイメージや表現を書き込むなどして、「設計書」をつくっていくと良いかと思います。

表現づくりと録音〜曲を練習する手順(8) ヴァイオリンがわかる!

楽しい作業なのですが、自分では美しい音楽のつもりであっても、他人の耳からしてみれば美しい音楽に聴こえない場合があります。 むしろ、変な抑揚がついて、奇異な音楽に感じることの方が多いように思えます。

「素人は表情をつけようとせず、楽譜のまま弾いた方が良い」と、とある指揮者が言うのを聞いたこともあります。ひどい言い方ですが、確かに"言い得て妙"で納得できる面はあります。ヴァイオリンの場合は特に、自分で弾きながら聴く音楽と、他人が聴く音楽は差が大きいのです。

そ のギャップを埋めるためには、録音をするのが近道です。パソコンや携帯電話の録音機能でもかまいません。録音をする習慣がなければ、今すぐにでも自分の演奏を録音してみてください。自分なりの表現を自分で弾いて録音して、確認しながら表現を作っていくのが良い結果になるはずです。

表現をつくるには「他人の演奏を聴く」「自分の演奏を客観的に聴く」の両面が必要でしょう。表現をつくることは、自己評価することでもあります。ぜひ、たくさんの演奏を聴いて、自分の表現と比較しながら、美しい音楽をつくっていって下さい。

←BACK NEXT→


関連記事



大人のためのヴァイオリン教室
東京レッスンの予約愛知レッスンの予約

ヴァイオリンがわかる管理人の日記

ヴァイオリンがわかる ツイッター  ヴァイオリンがわかる Facebook  ヴァイオリンがわかる インスタグラム