ヴァイオリンがわかる!

ヴァイオリンがわかる!はヴァイオリンに対して熱意を持って取り組んでいる方を応援するヴァイオリン情報サイトです。

音から見える視覚的イメージ〜音を音楽にするには8

音を音楽にするには、音からイメージが「見えて」いる必要があります。知識を多く持つことは悪いことではありませんが、知識だけでは表面的な音楽になりがちです。例えば、クレッシェンドは「音量を次第に大きくする」意味ですが、それだけでは音楽的とは言えません。物体が大きくなったり、物体が近づいてくる視覚的イメージがあった方が音楽的と言えます。

演劇の台本から生きた演技にするのと同じように、楽譜から「見えるもの」を音に表そうとすると、音楽が命の宿った「伝わる音楽」になるはずです。

無理に具体的なイメージをこしらえるのではなく、抽象的な色や形で、「この音はどんな色か」「どんな形か」「どんな動きをしているか」などと動画的にイメージ化するほうが直接的でしょう。このイメージは舞台照明のようなものと考えると分かりやすいかと思います。

一例に過ぎませんが次のようなイメージが考えられます。

リズムは物体の動き方。例えば、大きなループで回転しているのか、ゆったりと風船が漂う感じなのか、弾力性のあるボールが弾んでいる感じなのか、など。

音程は物体の上下方向への移動イメージ。高いところに移動しているのか、低いところに移動しているのか、ビルを見上げるような移動か、谷底を覗くような移動か、など。

音量・音質は、その物体の形や質感。大きい物体なのか小さな物体なのか、尖った形なのか、丸い形なのか、はたまた表面はザラザラなのか、など。

もちろん、どんなイメージにするかの決定は、衝動的な思いつきではなく根拠が必要で、そのためには多くの知識が求められます。ですが、時代により流行り廃りもありますし、ひとによって意見が異なることも多々あります。知識は参考にはなりますが、CDなどで名演奏とされる録音を複数聴いたり、楽譜を音にしていく際に、音から「見える」ものを感じ取ろうとするのが望ましいと思います。

←BACK NEXT→

 


関連記事

 



大人のためのヴァイオリン教室
東京レッスンの予約愛知レッスンの予約

ヴァイオリンがわかる管理人の日記

ヴァイオリンがわかる ツイッター  ヴァイオリンがわかる Facebook  ヴァイオリンがわかる インスタグラム