ヴァイオリンがわかる!

ヴァイオリンがわかる!はヴァイオリンに対して熱意を持って取り組んでいる方を応援するヴァイオリン情報サイトです。

ポジション移動で音程が定まらない場合 - スムーズなポジション移動3/3

ポジション移動(シフティング)をした後に音程が定まらなくなってしまう場合があります。目的の場所に届かなかったり、大きく動かしすぎてしまったりして、位置を見失ってしまうケースです。

これは、ポジション移動の際に押さえる指ばかりに意識が向いてしまっている場合によく起こります。例えば、ポジション移動した先の音が3の指(薬指)だった場合、3の指ばかりを目的地に持って行こうとしてしまうと、多くの場合は音程がはずれます。

ポ ジション移動で移動しなければいけないのは、finger(親指以外の指:人差し指、中指、薬指、小指)ではなくthumb(親指)です。fingerを 移動させようとするのではなく、親指を適切な位置に移動させるのを優先し、その結果、fingerが適切な位置に到着すると考えた方が、正しい音程を取る ことができます。

サードポジションに移動するのであれば、サードポジションの位置にfingerを持ってこようとするのではなく、親指をサードポジションの位置に意識的に持ってきてみて下さい。これだけでかなり成功率は上がるはずです。

ポジション移動は親指を意識して。ポジション移動で音程がはずれるような場合は、ぜひ試してみてください。

※ しばしば言われる「親指を先に動かす」というのとは少し違います。「親指が先」というのは親指中心に動かすひとつの方法ですが、名演奏家の動画を見ても、 皆がやっているわけではなく、必要条件ではないようです。大きく下降のポジション移動の場合は親指を先に移動させた方が成功率が上がる場合はあります。

←BACK


関連記事



大人のためのヴァイオリン教室
東京レッスンの予約愛知レッスンの予約

ヴァイオリンがわかる管理人の日記

ヴァイオリンがわかる ツイッター  ヴァイオリンがわかる Facebook  ヴァイオリンがわかる インスタグラム