ヴァイオリンがわかる!

ヴァイオリンがわかる!はヴァイオリンに対して熱意を持って取り組んでいる方を応援するヴァイオリン情報サイトです。

左指は極めて軽く - 指の押さえ方2/2

多くの方は左指を押さえる時に強く押さえ過ぎているようです。本当に軽く、指板にかろうじて触れる程度で充分です。

「指の筋肉を鍛えなければならない」「左手だけで音が出るようにしなければならない」と言われることがよくあります。確かに、はっきりとした音を出すために一理あります。

ですが、必要なのは力ではなく、指の瞬発力です。ここを勘違いしてしまうと大きく間違った方向に進んでしまいます。

演奏家の指板が短期間で削れてしまう話を聞いて、強い力で押さえていると思われがちですが、これは弦の振動によって削れるものです。力をかけているのではなく、むしろ、よほど軽い力で弦の振動を妨げないように押さえている証拠と言えると思います。

左指は最低限の力で押さえた方が、指は速く動くし、ヴィブラートやシフティング時にも有利になります。また、無理に楽器をあごで支えたりする必要がないため、身体を壊すリスクも少なくなるはずです。頼りないくらいに押さえるのがちょうど良いと言えます。

あまりにも頼りないために、むしろ違和感を覚えるかもしれませんが、ぜひ試してみてください。

※わたしもレッスンを受けるとき、「頼りないくらいがちょうどいい、手応えを感じようとしてはいけない」とよく言われるものです。先生が仙人に思えてきます。

←BACK


関連記事



大人のためのヴァイオリン教室
東京レッスンの予約愛知レッスンの予約

ヴァイオリンがわかる管理人の日記