ヴァイオリンがわかる!

ヴァイオリンがわかる!はヴァイオリンに対して熱意を持って取り組んでいる方を応援するヴァイオリン情報サイトです。

使えない弓:これから始める方のヴァイオリン選び3

ヴァイオリンを弾くときには弓が必要です。ヴァイオリン自体は性能の善し悪しはあれ、どんな楽器でもある程度弾くことができるのですが、弓については良くない弓だと弾けない場合が出てきてしまいます。

具体的には、スズキの教本であれば1巻の最後の方で既に弓の性能が必要になる技術が出てきます(スタッカートは弓の性能が必要です)。そう言った意味で、これから始める場合や始めたばかりの場合でも、弓は少し良いものを使う方が上達は容易、かつ、速くなります。

弓の善し悪しは、木の棒がどれだけ良い振動をするかで決まります。弓を張った状態にして木の棒の部分を叩くと、木の棒が振動するのがわかりますが、この振動の違いが弓の性能の違いになります。

良くない弓ですと、棒の部分がほとんど振動せず文字通りただの木の棒ですが、それなりの弓ですと棒の部分が震えます。叩き方は動画を参考になさって下さい(振動は目に見えるほどのものではありません)。

この振動が全くない弓(ガツッといった触感になります。良い弓はブルブルとかブーンという触感になります)は、弓として使えないものです。この観点で、弓を触ってみて頂きたいと思います。

ただの棒に毛を張っただけの道具ですし、ヴァイオリンの付属品の用に思われがちですが、むしろ最初だからこそそれなりの弓を使うことをお勧めします。一概に値段では言えないのですが、あえて書きます。ヴァイオリンを3万円のでも最初は構わないと思いますが、弓は5万円程度のものからをお勧めしたいと思います(カーボン弓ですともう少し安い価格帯(3万円程度)からそれなりのものがあります)。

ヴァイオリンの弓を選ぶご参考になれば幸いです。

←BACK NEXT→


関連記事



大人のためのヴァイオリン教室
東京レッスンの予約愛知レッスンの予約

ヴァイオリンがわかる管理人の日記