ヴァイオリンがわかる!

ヴァイオリンがわかる!はヴァイオリンに対して熱意を持って取り組んでいる方を応援するヴァイオリン情報サイトです。

CDプレーヤーなどの再生装置 - 練習にあるといいアクセサリ3/6

上達するためには、まず名演奏家の真似をすることが近道です。名演奏家の演奏を居ながらに見聴きするには、CDやDVDが便利です。

聴くための装置は何でも構いません。ラジカセやパソコンのCDドライブやDVDドライブで充分です。良い装置を使ったほうが、演奏の特色をつかみやすくなりますが、装置を気にするより、少しでも多くの演奏を見たり聴いたりすることを優先するべきです。

演奏をするには頭の中に音楽が流れている必要があります。そのためには、自然に頭の中で音楽が鳴るまで、完全に覚えるまで聴く必要があります。一回や二回聴いて分かった気になるのではなく、何十回も聴きます。

演奏家もかなり他の演奏家の研究をしています。ひとつの曲に対し数多くの演奏家の録音を聴いて、理想の弾き方を研究するものです。「他の人の影響を受けるからCDは聴かない」というのは、あまりにも傲慢な態度と思います。

とにかく聴いて聴いて聴きまくること。それが上達の近道です。

←BACK NEXT→


関連記事



大人のためのヴァイオリン教室
東京レッスンの予約愛知レッスンの予約

ヴァイオリンがわかる管理人の日記