ヴァイオリンがわかる!

ヴァイオリンがわかる!はヴァイオリンに対して熱意を持って取り組んでいる方を応援するヴァイオリン情報サイトです。

17/2/24 サイトをバージョンアップ&動画削除:Good NewsとBad News

サイトをバージョンアップ&動画削除:Good NewsとBad News

水曜・木曜は東京にてレッスン。今回も大変多くの方にお越し頂き有難うございました。また、その隙間の時間を使って、以前から進めていた「ヴァイオリンがわかる!」サイトのバージョンアップ作業が完了しました!これはGood News(^^)。それからYoutube動画に著作権のクレームが入りピアソラの動画が削除になってしまいました。これはBad News(泣)。

「ヴァイオリンがわかる!」サイトをトップページも含めて大幅更新をした。これまで2008年版を小改修を重ねて使ってきたが、当時PC中心だった閲覧環境がスマホ中心に変化し、さすがに時代に合わなくなってきていた。今回PC・タブレット端末とスマホを表示を自動切り替えすることにした(いわゆるレスポンシブWebデザイン)が、内容はPCとスマホで差が生じないように心がけた。また不具合も多数あってこの改修も併せて行った。

内容については手つかずだが改修を進めていきたいと考えている(またレッスンの予約画面は改修ができず現状ではそのままで、当面ご不便をおかけすることお詫びします)。

今後とも新しい「ヴァイオリンがわかる!」をどうぞよろしくお願い致します(バグなどありましたら、こっそりお教え頂ければ・・・)。

バージョンアップとは関係なくBad News。先日のホールでの演奏動画のうち、これから公開にしようとYoutubeに掲載していたピアソラ「タンゴの歴史」Cafe 1930がカナダの著作権管理団体からクレームが入って削除された。YoutubeはJASRACと包括契約を結んでいて今回のような形の演奏動画の掲載は問題はないと考えていたが、争って益は無いので既に公開していたピアソラ「タンゴの歴史」Nightclub 1960も削除した。ギターの高矢さんが本当に素晴らしい演奏をされていただけに不本意かつ悔しい思いが強い。またご覧頂いた方にも申し訳無く思う。

著作権問題については注意して取り扱っているが、だんだん厳しくなってくるため(先日は音楽教室への著作権使用料の課金が報道された。新しい曲をお持ちになっても、そのうち「それは著作権が生きているから」と断ることになるのだろうか)、扱えるのは著作権の切れた古い音楽だけになってしまうのかと思わされている。新しい音楽の紹介ができないのは音楽文化の発展になるだろうかと思いつつ(クライスラーの曲が著作権が切れたので安心したところだった。ストラヴィンスキーはまだ)。

Good NewsとBad Newsで多くの事を調べ、多くの事を考えさせられました。

 



大人のためのヴァイオリン教室
東京レッスンの予約愛知レッスンの予約

ヴァイオリンがわかる管理人の日記

ヴァイオリンがわかる ツイッター  ヴァイオリンがわかる Facebook  ヴァイオリンがわかる インスタグラム