ヴァイオリンがわかる!

ヴァイオリンがわかる!はヴァイオリンに対して熱意を持って取り組んでいる方を応援するヴァイオリン情報サイトです。

16/9/20 残り時間とその過ごし方:教える側として気にしています

残り時間とその過ごし方:教える側として気にしています

日曜日も東京にてレッスン。お仕事でお休みになってしまわれた方もおられましたが7コマと多くの方にお越し頂きました。お越し頂いた皆様有難うございました。

月曜日は右腕を痛くしてしまったのでヴァイオリンは一日お休み。人並みにあちこちトラブルが起こってくるもので、やるべき事は少しでも若いうちに取りかからねばと思う今日この頃。残りの時間を考える歳になってしまいました。とは言え、最もうまいピザと言える「puccii」でお昼ご飯を食べ、最もうまいコーヒーと言える「百塔珈琲」でお茶をして、自分の素敵なギターを弾いて、と全て自宅近所で楽しく自堕落な休日を過ごしました(^^)。

駒込駅よりちょっと離れるがpucciiのピザ。大変美味。

百塔珈琲の霜降銀座店にてカフェラテ。デザート:ブラマンジェ杏のソースがけも美味でした。

うちの自己満足な素敵な音のギター。

残り時間が限られている大人の方に対しては急いでレッスンを行っているが、お子さんには過度な促成栽培は避けるようにしている(ただし吸収できるので課題はお子さんには大人の倍近くお出しする。もちろん吸収出来る方には大人も多く課題をお出しする。課題は吸収できる分だけであるべき)。

「人は誰でも生涯のうちに15分間だけなら有名になれる」はアンディ・ウォーホルの有名な言葉。現在はもっと極端な形で一瞬で世界中に有名になれるし一瞬で忘れ去られる。

お子さんが将来仕事にするのなら一瞬のヒットよりも継続的なロングセラーになる方が望ましい。現状を考えると人生の内60年は働く必要があるだろう。「15分だけ」有名になった一発屋では一生の仕事にならないが、むしろ音楽の世界では一発屋が普通だ。「天才少年少女」「奇跡の〜」「〜の再来」に継続性は無い。

長く必要とされ続けるには、長い間その良さをアピールできる知識の蓄積と感動できる心、それを伝える技量(演奏の技量だけでなく言葉も)を持っているべき。商材を知らず愛していないセールスマンが他人に売れるはずもないし、また促成栽培から発生しがちな、一面的に高い能力を有していても精神が幼い人も継続的な仕事は不可能だろう。音楽でも言葉でも一歩前に出て丁寧に語ることの出来る人がプロフェッショナルなのだろうと思う。

教える側が気にする事ではないのかもしれませんが、その方の残り時間とその過ごし方は折に触れて考える事であります。

 



大人のためのヴァイオリン教室
東京レッスンの予約愛知レッスンの予約

ヴァイオリンがわかる管理人の日記

ヴァイオリンがわかる ツイッター  ヴァイオリンがわかる Facebook  ヴァイオリンがわかる インスタグラム