ヴァイオリンがわかる!

ヴァイオリンがわかる!はヴァイオリンに対して熱意を持って取り組んでいる方を応援するヴァイオリン情報サイトです。

16/8/6 青春の輝きを取り戻す弓と景色を変えるギター

8月6日

普段政治的・思想的なことは書かないようにしているのですが、この日は書かせて下さい。破壊措置命令が常時発令の状態になるという。いつでもミサイルが飛んでくる状況になった現実を意味する。そのミサイルには核弾頭の搭載も想定されているだろう。三度目の「空から死が降ってくる」現実の脅威に対して、新しく就任した右寄りな防衛大臣には慎重かつ賢明な対応を期待したい。それから、必ずしも明日が保証されてはいない事を意識して毎日を大事に過ごしたい。

青春の輝きを取り戻す弓と景色を変えるギター

木曜日は東京にてレッスン。この日はお休みの方もおられたのですが、その時間も使ってわたしも準備のための練習とレッスンの時間にも多く弾いたため、さすがに疲れて夜にコンビニに生クリームぜんざいを買いに行ってしまいました(疲れた頭と身体に糖分が効きました(^^;←太るぞ)。暑い日差しの中、お越し頂いた皆様有難うございました。

金曜日。猛暑。

公園のネコ。近づいても逃げないほど暑さで伸びています。

弓の毛替えをして頂きに弦楽器専門店に出かけた。いつも毛替えは購入したお店でやって頂くことにしていて、今回は文京楽器さんで購入した弓なので文京楽器さんへ。

毛替えの待ち時間の間に試させて頂いた弓。すごく音の良い弓なのだけれども、曲によって弾きやすかったり弾きにくかったりする。ふと自分が10代〜20代の頃に練習した曲はうまく弾けることに気がついた。バッハの無伴奏ソナタ2番のフーガやクライスラーの「中国の太鼓」など何回かレッスンで取り出した他は最近ではほとんど弾かず忘れたような曲も素直に音符が流れ出てくる。テクニック的にも当時は現在より鋭くきつくテンポの早い演奏が好きで音程も現在よりは良かったが(現在は完全にトレーニング不足です)、この弓で弾くと当時弾いた曲は「そうそうこういう感じ」と指は回るし音程もよく取れるし、鋭くきつい演奏になった。良きにせよ悪しきにせよ「青春の輝き」を取り戻せる弓!(^^)。

きっと当時使っていた弓(13歳〜30歳まで使っていた)に特性が似ていて、右手が覚えていた当時の動きの記憶を呼び起こして左手の動きまでスムーズになったのだろう。でも、ここ10年ほど比較的最近になって覚えた曲はスムーズに弾けず途中で引っかかる・・・。

演奏者ではなく楽器や弓が音楽を作り出すのは実感があるが、かつての記憶を呼び起こす事になるのは初めての経験。「青春の輝き」を取り戻せるのなら欲しくなるが、最近の曲が弾けないのでは・・・、迷うところ。

その後、恵比寿のギターショップカリスさんに出かけ、クラシックギターを買い換えた(^^)。3月に購入したドイツ在住日本人製作家のギターを下取って頂いてイタリアの製作家のものへ。

それからヴァイオリンも持って行っていたので、ピアソラの曲などを合奏して頂いた。ピアソラもカリスさんのスペインのギターと上記イタリアのギター、それから金属弦のアコースティックギターでも合奏して頂いたら、スペインの楽器は黄昏時を感じさせるピアソラに似合った音楽に、イタリアの楽器では抜けるような青い空が見えるカンツォーネになってしまった。またアコースティックギターだとチェンバロのようで、クレーメルのピアソラの録音を思わされる響きになった。

とても興味深い結果。今回も楽しく過ごさせて頂きました(^^)。

購入した楽器がイタリアから送られてきた時の段ボールだそうです。
「落とさないで」のメッセージとギターの絵が描いてあるのがかわいい。

 



大人のためのヴァイオリン教室
東京レッスンの予約愛知レッスンの予約

ヴァイオリンがわかる管理人の日記

ヴァイオリンがわかる ツイッター  ヴァイオリンがわかる Facebook  ヴァイオリンがわかる インスタグラム