ヴァイオリンがわかる!

ヴァイオリンがわかる!はヴァイオリンに対して熱意を持って取り組んでいる方を応援するヴァイオリン情報サイトです。

16/5/29 駒も楽器と同じく音の芸術品

駒も楽器と同じく音の芸術品

土曜日日曜日は東京にてレッスン。お休みになってしまわれた方もおられたものの、今回も大変多くの方にお越し頂きました。今回は2日続けて初めてお越しの方がおられ、わたしも大変緊張しました(愛想悪くなっていたと思います。すみません)。お越し頂いた皆様有難うございました。

お越しになる方の楽器の駒の角度は毎回チェックしている。駒が曲がっていると発音できなくなってボーイングの練習にならなくなってしまうし、必要以上に難易度が高くなってしまう。そして駒自体も変形もしてしまう。弦の振動が適切に胴体に伝わるためにはおよそ垂直に立っているべきであるし、更にはちょっとした角度の変化で大きく音や反応が変わるので注意をしている。

うちの楽器はとある方に駒を作って頂いているが、駒のひと削りで大きく音は変化するし、弾いた感触も大きく変わる。駒の製作の様子を拝見させて頂く事もあるが駒を作る事は楽器を作る事と同じくらいのノウハウが詰まっている音の芸術品。わたしも角度やE線のアジャスターの巻き具合で駒を変形させてしまったり、弦で傷ませてしまったりしないよう注意して大事に使っている。

楽器だけでなく駒も芸術品です!敬意と尊厳をもって維持管理をするべきもの

 



大人のためのヴァイオリン教室
東京レッスンの予約愛知レッスンの予約

ヴァイオリンがわかる管理人の日記

ヴァイオリンがわかる ツイッター  ヴァイオリンがわかる Facebook  ヴァイオリンがわかる インスタグラム