ヴァイオリンがわかる!

ヴァイオリンがわかる!はヴァイオリンに対して熱意を持って取り組んでいる方を応援するヴァイオリン情報サイトです。

16/5/16 ピアソラ「タンゴの歴史」譜読み

5月17日朝追記:下記記事は16日朝に書いたものですが、16日夜に本当に関東で地震が起こってしまいました(緊急地震速報が鳴って驚きました)。それほど大きな揺れではありませんでしたが、皆様に何事も無かった事を願っております。

ピアソラ「タンゴの歴史」譜読み

土曜日日曜日は東京にてレッスン。8コマ+9コマの大入りとなりました!お越し頂いた皆様有難うございました。わたしも頑張りました!(^^)←少し無理をして元気出しています。

今回はお越し頂いた方々の音があまり良くなかったケースが多かった。またお疲れの様子の方、肩こりがひどいとおっしゃる方など、あまり調子の良くない様子の方が目立ったし、わたし自身もややしんどかった。東日本大震災の前日が同じような状況だったので、天変地異の前触れでないかと不安に思う。何事も無い事を願うばかり(熊本地震もなかなか余震が収束しませんね・・・。早く落ち着く事を願うばかりです・・・)。

先日クラシックギターのお店に立ち寄った際に、こんな曲をギターとヴァイオリンで演奏しませんかと楽譜を頂いた(先日パガニーニのカンタービレを一緒に弾かせて頂いた事で気に入って頂けたのだろうか?)。パガニーニ「ラ・カンパネラ」とピアソラ「タンゴの歴史」全曲。「タンゴの歴史」のうち「カフェ1930」だけ弾いた事がある以外は初めての曲ばかり。ピアソラはかつてブームがあってその後どうなったのか詳しくないが、ブームの当時リベルタンゴとカフェ1930を弾いただけになっていた。

早速隙間の時間を使って譜読みをした。「ラ・カンパネラ」は何とかなりそう(もちろん名人達のように弾けるわけではない)、「タンゴの歴史」は直感的にはリズムが取れず。地道に「ウンタタタンタンタタータン」と楽器を使わずリズムを口ずさみながら練習。リズムを把握するにはこれに勝る方法は無いようだ。

ご縁と機会を頂いて、自分の思ってもいなかった方向に進んでいける事は嬉しい事(^^)。

 



大人のためのヴァイオリン教室
東京レッスンの予約愛知レッスンの予約

ヴァイオリンがわかる管理人の日記

ヴァイオリンがわかる ツイッター  ヴァイオリンがわかる Facebook  ヴァイオリンがわかる インスタグラム