ヴァイオリンがわかる!

ヴァイオリンがわかる!はヴァイオリンに対して熱意を持って取り組んでいる方を応援するヴァイオリン情報サイトです。

16/2/20 遠山の金さんのお墓とギターの弦高調整

ローマ法王がトランプ氏を批判しての発言とされる「壁を築くことを考え、橋を架けることを考えない人はキリスト教徒ではない」。人間の望ましいあり方は「橋を架ける」こと。人種間に橋を架けること、過去から未来への橋を架けること、等々考えさせられた。

遠山の金さんのお墓とギターの弦高調整

木曜日は東京にてレッスン。体調を崩されてお休みになった方もおられ、比較的余裕のある日程になりました。お越し頂いた皆様有難うございました。暖かになりましたが、今晩から冷え込むそうですのでどうぞ皆様体調管理にお気を付け下さい。

金曜日。練習用ヴァイオリンの弦を5ヶ月テストしたエヴァピラッツィゴールドからカプランamoに交換した。かなり印象が変わった。お昼は暖かで良いお日和になったので趣味のネコ撮りに近所を散策。近所の染井霊園の隣の本妙寺に遠山の金さん(遠山金四郎景元)のお墓があると最近知ったので併せて見に行ってきた。史実は時代劇とは大分違うそうだが、遠山の金さんが実在したことに不思議な気持ちになった。他にも剣豪千葉周作のお墓なども。


遠山の金さんのお墓


染井霊園のネコ

夕方は恵比寿へ行ってクラシックギターの調整をして頂いた。購入当初から1弦側の弦高が高めだったのが気になっていたが、これなら合うと思う弦が見つかるまで待っていた(弦によってテンションが違うため、弦を決めないと弦高調整はできない)。この2ヶ月弦をあれこれ交換し「!」と思うもの(サバレス ニュークリスタル・カンティーガセット)が見つかった。また、新作楽器と言うことで冬を過ぎて楽器がある程度落ち着いて気候が良くなるまで待ってもいた。春めいてきたので調整をしてもらった。

サドル(ヴァイオリンの駒に当たる場所)を削って標準的な高さにして頂く。弦高が下がって、テンション感も少なくなり弾きやすくなって、しかも音も好ましい音になって大満足(^^)。

ヴァイオリンでも同じだが楽器が弾きにくいと練習も辛くなるし、場合によっては手が痛くなってしまう。音が悪いと弾くごとに不愉快だ。楽器はきちんと整備して使いましょうと言うことで。

 



大人のためのヴァイオリン教室
東京レッスンの予約愛知レッスンの予約

ヴァイオリンがわかる管理人の日記

ヴァイオリンがわかる ツイッター  ヴァイオリンがわかる Facebook  ヴァイオリンがわかる インスタグラム