ヴァイオリンがわかる!

ヴァイオリンがわかる!はヴァイオリンに対して熱意を持って取り組んでいる方を応援するヴァイオリン情報サイトです。

16/1/27 レッスンで使う椅子を購入した

レッスンで使う椅子を購入した

月曜日は愛知レッスン二日目。寒波の影響で遠方からお越しでお越しになれなくなった方、お仕事に出なければならなくなった方、体調を崩された方などがおられ、4コマと大変に余裕のあるスケジュールになってしまいました。また火曜日は東京でのレッスン。お越し頂いた皆様有難うございました。このぽっかり空いた時間(「神様に与えられた時間」とわたしは呼んでいます)を使って、レッスンのために把握しなければならない曲の練習とレッスンでの話し方を考えた。おかげさまで少しは消化する事ができました。

レッスンで使う椅子を購入した。これまでクッションの無いものを使っていて、さすがにお尻が痛くなる事が気になっていた。ヴァイオリンの演奏のためにはある程度高い椅子が弾きやすいのだが、わたしは身長が高くない(161cm)のでレッスンをするには高い椅子は疲れる。座面が低めで高さ調整ができ、背もたれが無いものをと探したら、チェロおよびクラシックギター用の椅子が条件を満たす事が分かった。普通の椅子よりも10cm程度座面が低い。

ピアノ椅子のようだが高さがかなり低い。クラシックギター用の椅子。

現代ギターという雑誌を出版している現代ギター社が丁度セールをやっていたので注文してみた。現代ギター社の「ギター専用椅子 GGS-3」という製品でセール価格で14,000円ほど。最も低くして座ってみると実測で36cmほどととても低く、火曜日のレッスンで早速使ってみたらそれほど疲れもせずなかなか良い感じ(^^)。

これに座ってクラシックギターを弾いてみたらもちろんピッタリ丁度良い高さ。電子チェンバロを弾いてみたら低すぎてグレン・グールド状態。取説を見たら、「ギターの演奏以外には使用するな」と(^^;。うーむヴァイオリンや鍵盤楽器での使用は自己責任かなあ。

 



大人のためのヴァイオリン教室
東京レッスンの予約愛知レッスンの予約

ヴァイオリンがわかる管理人の日記

ヴァイオリンがわかる ツイッター  ヴァイオリンがわかる Facebook  ヴァイオリンがわかる インスタグラム