ヴァイオリンがわかる!

ヴァイオリンがわかる!はヴァイオリンに対して熱意を持って取り組んでいる方を応援するヴァイオリン情報サイトです。

16/1/25 事前:緊張、実行中:心に傷つき、事後:自己嫌悪

事前:緊張、実行中:心に傷つき、事後:自己嫌悪

今朝(2016年1月25日朝8時)の気温はマイナス4度と愛知県ではあり得ないような数値(おー、さむ!!!)。雪はうっすらでした。特に西の方は観測史上初の天気かとも思います(福岡の方から大雪とご連絡を頂きました)。どうぞ皆様、事故やお怪我にはくれぐれもお気をつけてお過ごし下さい。

愛知県扶桑町の実家前の状況です。うっすらの雪で良かったです。

土曜日は東京にて日曜日は愛知にてレッスン。猛烈な寒気の入った寒い中、両日ともに9コマずつの18コマで満員御礼本当に有難うございました!特に遠方からお越しの方は交通の不安があったことかと思います。わたしも日曜日は寒気の影響を懸念して20分早い新幹線に乗りました(6時台はグリーン料金が安くなるし、大きく遅れる可能性もあったし、できれば寝たかったのでシートヒーターが付いて毛布を借りられるグリーン車に乗りました)。遅れもなく予定通り名古屋駅に到着して良かった。

雪のかぶった富士山。20分早い朝日のためか今回はとてもきれいでした。

いつもお越しの方で近々大きな舞台で弾く方がいらっしゃった。既にとても緊張している様子が見て取れて、本番前の細々とした傾向と対策をお話しさせて頂いた(「直前にご飯を食べるとお腹が痛くなる」「舞台袖は様々な機材があるので足もとに注意」など)。また、今回初めてお越しの方がおられお越しの方も緊張なさったかとは思うが、わたしも緊張で手が氷のように冷たくなっていた(教える側も特に初めての方を前にする時は強く緊張するものです)。思ったようにお話ができた気がしないが少しでもお役に立てていればと願っている。

事前には緊張して手が冷たくなって足が震えて、実行中には事故多発で心に傷を負って、事後には自己嫌悪。わたし自身は程度の差はあれ演奏ではもちろん毎回レッスンをしていてもそんな思いをしている。きちんと取り組もうとしているのであればより一層そう感じるのだろうか、逆に言えば、中途半端にやっていれば緊張もせず自己嫌悪にも陥らないだろうか。そう思って心折れそうになりながら何とか続けている。

しかし、演奏会後の打ち上げはわたしは苦手。そういう機会のある時に欠席は失礼と思って参加するようにはしているが、どんな手の込んだ料理でも自己嫌悪の真っ最中では美味しくないし、懇親会的なおしゃべりも自己嫌悪の最中では口も重くなる。パーティに向かない性格だな・・・。

 



大人のためのヴァイオリン教室
東京レッスンの予約愛知レッスンの予約

ヴァイオリンがわかる管理人の日記

ヴァイオリンがわかる ツイッター  ヴァイオリンがわかる Facebook  ヴァイオリンがわかる インスタグラム