ヴァイオリンがわかる!

ヴァイオリンがわかる!はヴァイオリンに対して熱意を持って取り組んでいる方を応援するヴァイオリン情報サイトです。

15/12/15 指を広げることと手の形との関係について大発見

指を広げることと手の形との関係について大発見

日曜日・月曜日は愛知にてレッスン。8コマ+7コマと多くの方にお越し頂きました。体調を崩された方、突然のお仕事が入られた方、どうぞ早い解決を願っております。お越し頂いた皆様有難うございました。

レッスンでしばしば小柄な方から指が届かなくてとお伺いする。多くの場合は押さえ方や親指の位置で解決することが多く、そういうお話をさせて頂く事も多い。4の指を届かせようと手首をネックから離しすぎるとむしろ届かなくなるし、4を届かせようとするよりも1を低い方(スクロール側)に伸ばそうとした方が指は広げられる。

でも手の大きさによらず手の形にも依存することを最近発見した。うちの嫁さんもヴァイオリンを弾くのだが(3歳からなのでわたしよりベテラン)、身長が小柄で手も小さいのにオクターブなら普通に押さえられるし10度も何とか届く。前からこのことを不思議に思っていたのだが、親指がやや手首側に位置していて手の形が指の短さをカバーしていると最近発見して驚いた。手の形が広げ具合に効くとは思わなかった。

指が届かない場合の解決法として全然考え方が変わることになるので、最近の自分的大発見でありました(^^)。

 



大人のためのヴァイオリン教室
東京レッスンの予約愛知レッスンの予約

ヴァイオリンがわかる管理人の日記

ヴァイオリンがわかる ツイッター  ヴァイオリンがわかる Facebook  ヴァイオリンがわかる インスタグラム