ヴァイオリンがわかる!

ヴァイオリンがわかる!はヴァイオリンに対して熱意を持って取り組んでいる方を応援するヴァイオリン情報サイトです。

15/11/9 魅力ある音楽は大半の普通さと少しのスパイス

魅力ある音楽は大半の普通さと少しのスパイス

土曜は東京にて日曜は愛知にてレッスン。今回は大変珍しく愛知レッスンにて、それぞれ年齢も進度も違う子供さんがお三方がお越しになった。だんだん「大人向け」の看板に偽りが出てきているなあとも思いつつ、音色や音楽を作っていくことについての最も基本的なことをお話させて頂きました。お話しさせて頂いた事が何らかのお役に立てばと願っております。お越し頂いた皆様有難うございました。

土曜日にお越し頂いた方のおひとりがとても良い音になっていてわたしの側が驚いた。とてもよく弾く方でほんのちょっとの響き具合をこだわってレッスンを行っているが、それが解決していた。具体的なことはここでは書かないが(ネットは極端になさる方が出るので)、弦にあるものを塗ったとのこと。知っている方の間では行われている方法なのだそうだ。レッスン後、試してみたら確かにパワーはありつつ雑味が消えて一段魅力的な音になった。わたしは不勉強で知りませんでした、教えて頂き有難うございました。

いつも書いているように望ましい演奏とはまずは中庸:普通であること。それに少しのスパイスを加えると魅力になるもの。ヴァイオリンの音は基本的な味付けがきちんとできていればスパイスを少し加えることで風味が変わるし、スパイスの使い方もその膨大な組み合わせの中で行うことができる。

今回の子供さんたちも含め皆さんにお話しさせて頂くのは普通に中庸の加減で弾くと言うことで、中庸がどれくらいなのかを知って頂こうとしている。そしてお越しの方から教えて頂いたのは効果的なスパイスなのかもしれない。そんな対比を考えて興味深く思った。

 



大人のためのヴァイオリン教室
東京レッスンの予約愛知レッスンの予約

ヴァイオリンがわかる管理人の日記

ヴァイオリンがわかる ツイッター  ヴァイオリンがわかる Facebook  ヴァイオリンがわかる インスタグラム