ヴァイオリンがわかる!

ヴァイオリンがわかる!はヴァイオリンに対して熱意を持って取り組んでいる方を応援するヴァイオリン情報サイトです。

15/11/1 わたしも器用ではないので

わたしも器用ではないので

11月1日の午前0時は来年1月分の予約開始日。現在までに160コマほどと大変多くのご予約を頂き有難うございました。今回は予約システムのトラブルに注意して予約処理の作業を行ったが問題は無かった様子。また土曜日日曜日は東京にてレッスン。両日とも8コマの16コマと今回も大盛況で大感謝です!しかし寒くなり鼻をすすっている方も多くなってきました。どうぞ皆様体調管理にはお気を付け下さい。

ヴィブラートについてご質問を頂く事が多い。なかなか思ったようにできない事に腹立たしい思いをする事もあるだろう。ヴィブラートは多くの条件が整わないと美しくかけることができないので、年単位の時間がかかる事も多い。

わたし自身は器用でも才能があったわけでもなく、ヴィブラートも子供の頃はいわゆる「ちりめんヴィブラート」しかできなかった。それが自分でも不満で自分で書籍を調べながら試行錯誤してそれなりに出来るようになった。最後までできなかったのがハンドヴィブラートの1の指で「あ、できた」と思うまで22年かかった(つい数年前のことです)。ヴァイオリンとは動きの向きが全然違うエレキギターのヴィブラートもわたしは10年くらいかかった。

マイブーム中のクラシックギターでも「自分には才能がないなあ」と感じている。曲も指遣いもなかなか覚えられない。年齢のためではなく子供の頃から曲も指遣いも覚えるのは遅かった。才能がないのでせめて毎日地道に少しずつ練習するようにしている。

もし自分が他の方に多くの事を教える事ができているとしたら、自分自身に才能が不足していてつまづくポイントが多かったからなのだろうと思う。天才的にできてしまっていたら他人に教えることはできないだろう。

気長に取り組むべきとは思わない。できるだけ短期間で上手に弾けた方が良いとは思う。でも、これまでの人生に無い動きなのだからリハビリと同じ事で、それなりにスムーズに動くまでには年単位の時間がかかることもあるだろう。才能のある方もいて人それぞれだろうけれど、わたし自身は悠長ではなく、でも地道に少しずつ進む事が「ある日急に出来た!」を迎えるための王道と思う。

今月もどうぞよろしくお願い致します。

 



大人のためのヴァイオリン教室
東京レッスンの予約愛知レッスンの予約

ヴァイオリンがわかる管理人の日記

ヴァイオリンがわかる ツイッター  ヴァイオリンがわかる Facebook  ヴァイオリンがわかる インスタグラム