ヴァイオリンがわかる!

ヴァイオリンがわかる!はヴァイオリンに対して熱意を持って取り組んでいる方を応援するヴァイオリン情報サイトです。

15/9/19 自分の楽器の音って分からないもの

自分の楽器の音って分からないもの

木曜日は東京にてレッスン。今回も8コマと大変多くの方にお越し頂きました。お越し頂いた皆様有難うございました。人前での演奏が予定されている方、ご自分で納得できる演奏になることを願っております(何よりもまず最初に自分が納得する事ですから)。

金曜日の出来事。7月にギター教室の発表会で一緒に弾かせて頂いたギタリストの山口先生がご夫妻で東京にお越しになり、お茶の水のギター専門店へ同行させて頂き(わたしはついていっただけ)、わたしの自宅にもお立ち寄り頂いた。パガニーニのギターとヴァイオリンのためのソナタコンチェルタータの2楽章と3楽章の初合わせや、わたしのギターを弾いて頂くことができた。それからご持参下さったギターを弾かせて頂く事もできた。

パガニーニは1楽章と同じくチャーミングで、しかもうまくギターとヴァイオリンのバランスが取れるようにできているのだなと思わされた。皆様の前でご披露する予定は無いのだが、完成させることができればと思う。

楽器については、弾いて頂いた自分のギターが普段と全然違う音を発して「こんな良い音だったのか!」と驚かされる楽器もあれば、「これはいかんなあ」と思ってしまった楽器もあった。ヴァイオリンでもレッスンにお越しの方の楽器を弾かせて頂く事が時々あって、その際にお越しの方がご自分の楽器について発見があったような表情をなさる。そのお気持ちがとてもよく分かった。

自分の楽器の音って全然分からないものです。でも、ほぼ値段順に良い音を出されていた。そしてその後自分で弾いてみたらやはりいつもの音がした。必要なのは楽器よりも楽器の能力を引き出す腕(^^;。

「音楽として聴き手に届く(聞こえるではなく届く)音」「楽器を響かせる腕前」「楽器による音の差異と出てくる音楽の違い」など、ヴァイオリンに通じる多くの発見と考えさせられるテーマを与えて頂きました。自分の楽器を普段と同じ状況(自宅のレッスンをしている部屋)で腕のある方にまとめて弾いて頂く事なんて滅多にない事で、大変に勉強になり、また、わたしの側が楽しませて頂きました。遠いところお越し頂き本当に有難うございました。



大人のためのヴァイオリン教室
東京レッスンの予約愛知レッスンの予約

ヴァイオリンがわかる管理人の日記

ヴァイオリンがわかる ツイッター  ヴァイオリンがわかる Facebook  ヴァイオリンがわかる インスタグラム