ヴァイオリンがわかる!

ヴァイオリンがわかる!はヴァイオリンに対して熱意を持って取り組んでいる方を応援するヴァイオリン情報サイトです。

15/8/4 暑さでニスが溶けたらこんな感じになります

暑さでニスが溶けたらこんな感じになります

日曜日は東京にてレッスン。土曜日に続き日曜日も9コマと満員大御礼となりました。暑い中お越し頂いた皆様本当に有難うございました。久しぶりにお越しの方もおられ、お元気そうなご様子に安心し嬉しく思いました(^^)。

月曜日は暑い中よせばいいのに渋谷の楽器店巡り。以前から興味のあったレアなギターを見つけ弾かせてもらったが、「!」とは思えなかったのでパス。こう言うのは冷酷ですが音を出した一瞬にして決まってしまいます。

レッスンにお越し頂いた方から、暑い室内に置いておいてヴァイオリンは大丈夫か?とご質問を頂いた。「特に新作楽器の場合、表面の塗装=ニスが暑さで柔らかくなってケースの跡が付くことがある。音に直接的な影響は出ないが見た目の気分が悪い」とお答えした。と言っても、言葉では分かりにくいだろうから実際にニスが荒れてしまった楽器をご覧頂いた(そういう楽器も持っています(^^;)。

横板のニス表面が荒れて梨地になっているのが分かりますでしょうか?
購入時からなので夏の暑さで溶けたかは不明(そのため安価だった)ですが、
熱によってケースの跡が付くニスのトラブルはこんな感じになります。

東京のレッスンにお越しの方には玄関先でご覧頂けるように致します。よろしければどうぞお手にとってご覧下さい。

 



大人のためのヴァイオリン教室
東京レッスンの予約愛知レッスンの予約

ヴァイオリンがわかる管理人の日記

ヴァイオリンがわかる ツイッター  ヴァイオリンがわかる Facebook  ヴァイオリンがわかる インスタグラム