ヴァイオリンがわかる!

ヴァイオリンがわかる!はヴァイオリンに対して熱意を持って取り組んでいる方を応援するヴァイオリン情報サイトです。

節分:楽器の邪気払い

月曜日は一日お休み、火曜日は半日お休み。大変天気が良く風も強かったので部屋やいろんなものに風を通すことにした。窓を開け放して押し入れの布団なども引っ張り出して押し入れにも空気を通して、部屋も扇風機も使ってホコリを飛ばして。

楽器も全部ケースから出して、楽器は陰干し、ケースは天日で干してから室内で風を通す。いわば虫干しです。ヴァイオリン属の楽器だけでなく、ギター類も全部やったのでもう大変。

ヴァイオリン属の楽器だけでこうなので、ギターのケースも合わせると大変

部屋も楽器も同じだけれど、風通しの悪い湿気の溜まった状態では傷むし、悪い妖怪でも住み着きそうなもの。実際、古い楽器が多い事もあって、全部開けると部屋がしばらく古道具屋さんの臭いになってしまったし(古道具屋さんって何だか妖気がありますよね。100年経てばモノにも心が宿ると言うことなのか、単にホコリくさいのか)。

あまり使わない楽器は弦を緩めて保管しておくが、弦を張ってしばらく音を出してみた。最初は不機嫌そうな音が出ていたが次第に鳴るようになってきた(寝ていた楽器が「目を覚ました」という状態)。逆に言うと、うちでは楽器の手入れはホコリを払って、虫干しして、音を出すだけしかやっていない。多分、それで充分なのだろうと思う。

風を通して音を出して、夕ご飯には手巻き寿司にして、ちょうど節分で邪気払いになりました(^^)。

 



大人のためのヴァイオリン教室
東京レッスンの予約愛知レッスンの予約

ヴァイオリンがわかる管理人の日記

ヴァイオリンがわかる ツイッター  ヴァイオリンがわかる Facebook  ヴァイオリンがわかる インスタグラム