ヴァイオリンがわかる!

ヴァイオリンがわかる!はヴァイオリンに対して熱意を持って取り組んでいる方を応援するヴァイオリン情報サイトです。

33年前のピグマリウス

土曜日は東京にてレッスン。9コマと今回も大変多くの方にお越し頂きました。お越し頂いた皆様有難うございました。また以前お越し頂いていた方からご連絡を頂いてとても嬉しく思いました。この日記にそんなことを書いたためだろうかとも思いますが、そうであればまだこのサイトを見て頂いている事は嬉しいことですし、(いろいろおありであっても)お元気であることが分かり安心しました。

金曜日の話。文京楽器さんの展示会を拝見させて頂きに後楽園へ。いつも通りあれこれ弾かせて頂いた(ご迷惑かと思いつつ、ヴァイオリンの展示会と聞けばどこにでも現れます。すみません)。

昨年は弓を3本購入してしまったが、今回は幸い(?)運命的出会いの楽器や弓は見つからず、セール品の弦だけ買って帰った(432円のお買い物(^^;。申し訳ない)。でも、興味深いものはいくつかあった。スクールもののオールド楽器で良い音のものがあったし(わたしには買える値段ではありませんでしたが・・・)、コピーとコピー元の弓が両方見られたりもした。こういう機会は珍しいのでわたしにとっては大変貴重な機会。

何より、1982年製のピグマリウス(文京楽器さんのオリジナル楽器)で当時の最高級モデルを試すことができた。良きにせよ悪しきにせよ国内のヴァイオリン界に勢いがあった頃の楽器。別に文京楽器さんの肩を持つわけではないけれど、現在の目で見ても値段の割に音の良い、見た目にも雰囲気あるものだった。

音楽がまだ世の中に必要とされていて、クラシック音楽をやることが疑いなく高尚で良いことのように思われていた時代。楽器も良い楽器がまだまだ少なく、ヴァイオリン自体も特別な存在だった時代。今はどうなのかなと思いながら弾かせて頂いておりました。貴重な体験を有難うございました。

 



大人のためのヴァイオリン教室
東京レッスンの予約愛知レッスンの予約

ヴァイオリンがわかる管理人の日記

ヴァイオリンがわかる ツイッター  ヴァイオリンがわかる Facebook  ヴァイオリンがわかる インスタグラム