ヴァイオリンがわかる!

ヴァイオリンがわかる!はヴァイオリンに対して熱意を持って取り組んでいる方を応援するヴァイオリン情報サイトです。

 

良い音とパラディス「シチリアーノ」と

土曜・日曜は東京にてレッスン。それぞれ8コマずつの16コマと大変に多くの方にお越し頂きました。今回ちょっとしたことで良い音が出せるようになった方もおられ、わたしとしても嬉しく思いました(^^)。

楽器を演奏するスキルとしては、「楽譜を音にするスキル」と「良い音を出すスキル」があると大別することもできる。国内の音楽教育では前者のスキルを向上させる音楽教育が多いように思える。

ヴァイオリンの場合、この「良い音」を出すことが困難で、しかも力加減のバランスなので個人差が大きい。演奏の力加減の問題、弾くべき位置の問題、弓を動かす速度の問題などだけでなく、楽器側の問題、イメージしている音の問題もある。もちろん、一発で原因を特定できて改善できることも多いのだが、ああでもないこうでもないを繰り返すことになってしまうこともある。

特に趣味でなさっている方ほどガシャガシャ、ギコギコでは弾いている本人も楽しく無いだろう。いろんなヴァイオリンの楽しみ方はあるだろうけれど、良い音でヴァイオリンを歌わせる事ができることは大きな楽しみにつながるものとわたしは信じている。わたし自身はパラディスのシチリアーノが好きで、こんなのを良い音で弾けるといいなと思っている(実際、良い楽器を弾かせてもらう時などにも弾くことのある曲です。1500年代のガスパロ・ダ・サロで弾いた時は「悠久の時」を感じさせられました。ロジェリでもSPレコードのような音を感じさせられました)。

※この日記を書く際に調べてみたら、パラディスはモーツァルトと同世代の盲目の女性作曲家・ピアニストだったそうです。そう言われるといろいろ感じさせられることも出てきます。知らないことだらけです。シチリアーノは偽作とも言われるそうです。

 



大人のためのヴァイオリン教室
東京レッスンの予約愛知レッスンの予約

ヴァイオリンがわかる管理人の日記

ヴァイオリンがわかる ツイッター  ヴァイオリンがわかる Facebook  ヴァイオリンがわかる インスタグラム