ヴァイオリンがわかる!

ヴァイオリンがわかる!はヴァイオリンに対して熱意を持って取り組んでいる方を応援するヴァイオリン情報サイトです。

旧古河庭園〜教養を試される場所

土曜日は東京にて、日曜日は愛知にてレッスン。土曜日は9コマ!日曜日はお一人お休みの方がおられ8コマ。大変多くの方にお越し頂き、お越し頂いた皆様有難うございました。かなり暑い汗ばむ初夏の良いお日和でした。

金曜日は自宅から歩いて数分の旧古河庭園に出かけた。旧古河庭園はバラで有名で、翌日の10日から「春のバラフェスティバル」が開催されるので、その前にと。コンドル設計の洋館、各種バラを配した洋風庭園、それから和風の庭園。バラは3割程度咲いていると表示されていた。

旧古河庭園の和風庭園

和風庭園には故事に基づいていたり名所を模した風景があったりする。お庭は主人が客人をもてなす時に客人の教養・知性を見極める実用的な道具の意味合いが強いとわたしは想像する。お金持ちは無駄遣いはしないもの。お庭も実用的な意味があると思う。

広範囲な教養は何故必要なのだろうか?別に専門的な事しか知らなくても仕事はできる気もする(ヴァイオリン弾きは極めて専門職なので、特にそれが強く言える)。でも、一緒に仕事をするには専門バカ相手はやりにくく、信頼すべき相手はオタクではなく教養人、と昔から考えられたのだろう。和風庭園は単なる「きれいな風景」ではなく、教養を試される、信頼できる相手か値踏みされる恐ろしい場所だったのだろうと想像する。

全然間違っているかもしれないけれども、和風庭園の意義をそう捉えるとこれはすごく面白いところとわたしは感じる。都内の庭園巡り、きちんと下調べをした上で出かけるとかなり楽しいかも(^^;。

 



大人のためのヴァイオリン教室
東京レッスンの予約愛知レッスンの予約

ヴァイオリンがわかる管理人の日記

ヴァイオリンがわかる ツイッター  ヴァイオリンがわかる Facebook  ヴァイオリンがわかる インスタグラム