ヴァイオリンがわかる!

ヴァイオリンがわかる!はヴァイオリンに対して熱意を持って取り組んでいる方を応援するヴァイオリン情報サイトです。

小ネタ

ニュースで「愛知県扶桑町で元交際相手ら3人を刺す」とラジオでニュースを聞いてびっくりしました(扶桑町は実家のある町です)。天道という扶桑駅の近くの地名のところでの事件らしい。年齢が近いけれども知らない人です。ともあれ、くわばらくわばら。


金曜日〜ラッピング交換完了

土曜・日曜は東京にてレッスン。特に日曜日は9コマと満員大入りとなりました。多くの方にお越し頂き有難うございました。お越し頂いた方が良い弓を安く買われていて、良い買い物なさったとわたしも嬉しく思いました(^^)。

わたくしごとですが金曜日の出来事。

ラッピング交換をお願いしていたトルテスクールのヴァイオリン弓を受け取りに購入元の文京楽器さんへ。先の方が軽いバランスだったのを調整するために銀線から軽い銀糸へ交換した。見た目がトルテっぽい感じになって良い感じ。

ラッピングを交換してもらいました。銀糸と絹糸のミックス

バランスがやや手元になるように(職人さんと相談で5mmほど手元側に)。全体の重量は2〜3g軽くなって構わない。ラッピングのデザインや色、絹糸との混ぜ具合はそれほどこだわらないのでトルテ風のかっこいい感じに。巻皮は厚ぼったい感じでは無いように。

などと、相談にのって頂き、要望を伝え、あとは「良いようにお願いします」で。

非常に良い感じになりました(^^)。重量バランスは良くなったし、銀糸にしてスティックがより響くようになったためか、音も高密度かつ浮かび上がる音になったように思える。銀線のときは少し暴れるようなドミニク・ペカットやアンリっぽい音が出ていて、それはそれで良かったのだけれど現在の方が好み。うまくいって嬉しい(こういう改造が失敗するとかなり悲しいので)。

その後、文京楽器さんのある本郷から歩いて湯島天神に立ち寄り、更に歩いて秋葉原へ。どうしてもこの日は秋葉原の刀削麺が食べたかった。

湯島天神は緑の美しい季節でした

ピンぼけですが秋葉原の刀削麺@唐家。全部乗せにした麻辣麺です。
なかなか美味(パクチーが苦手な人にはNGですが)。

秋葉原から電車に乗って駒込に帰る。いつもの百塔珈琲に。

夜になって百塔珈琲に傘を忘れたと思って取りに行ったものの見つからず、ちゃんと持ち帰って自宅のいつも傘を置いてある場所に置いてあったというオチ(百塔珈琲さんご迷惑をおかけしました)。かなり健忘症入ってきています(^^;。

 



大人のためのヴァイオリン教室
東京レッスンの予約愛知レッスンの予約

ヴァイオリンがわかる管理人の日記

ヴァイオリンがわかる ツイッター  ヴァイオリンがわかる Facebook  ヴァイオリンがわかる インスタグラム