ヴァイオリンがわかる!

ヴァイオリンがわかる!はヴァイオリンに対して熱意を持って取り組んでいる方を応援するヴァイオリン情報サイトです。

ヴァイオリンいじりと面白い物探し

水曜日・木曜日は東京にてレッスン。4月上旬は新年度開始の時期と言うこともあり例年この時期はレッスンの空きが多い(そのためこの時期に自分の旅行を入れることもある)。今年も今週は7コマ+5コマとかなり余裕のあるスケジュールとなりました。お越し頂いた皆様有難うございました。木曜日は暑いくらいでした。

時間があったので気になっていた事を進める。

新作楽器が耳障りな音を出し始めたのでここ最近あまり使っていなかった。気温が上がってくると楽器の音は変わるもので、特に新作楽器は材木が新しいためか環境の変化を受けやすいようだ(オールドは新作楽器ほど変化しません)。

(以下よい子はマネをしないように)

表板と裏板のバランス取りのため少し日光に当てて、それから、魂柱を倒さないように注意しながらいったん駒を外して取り付け直し。ほんの少し駒の位置が変わるだけで音は大きく変化するので、駒の位置を0.1mm程度変えては弾いて試しての繰り返し。顎当ての取り付け位置でも音は変わるので、耳障りな音が減少するようにあれこれ試して取り付け(少し右寄りにしたら好ましい音になりました。季節が変わればきっと適切な位置がまた変わります)。

こんな感じで顎当てを右にオフセットしてみました

音が悪くなるとこの上なく気分は悪いものだが、音が良くなれば上機嫌(^^)←お調子者ではあります。好ましい音になったのでこの楽器をレッスンに復帰させた。他にも、それぞれの楽器をポリッシュで磨き、サビの出ていた弓の金具も磨いて楽器のお手入れ(^^)←楽器を磨いていないで自分の腕を磨け。

弦楽器オークションのTarisioオークションと国内のサンライズオークションが始まったので一通り眺める。わたしは今回は入札することは無いので注目している物を書いちゃう(記述内容に責任は取りません。念のため)。

Tarisioはlot 222のAN INTERESTING ITALIAN VIOLIN, 18th CENTURYが興味深い。写真から察するに裏板割れていそうだけど、よさげな雰囲気の楽器。また、lot 148のタブススタンプのトルテの弓も良い雰囲気。予想落札価格が安めなのは何かワケありかもだが。

サンライズオークションはヴィオラ弦のオイドクサ30セットが興味深い。ヴァイオリンD線100本も興味深いが、うちでは使い道が・・・。

ヴァイオリンいじりや面白い物探しができることは嬉しいことですね(^^)。

 



大人のためのヴァイオリン教室
東京レッスンの予約愛知レッスンの予約

ヴァイオリンがわかる管理人の日記

ヴァイオリンがわかる ツイッター  ヴァイオリンがわかる Facebook  ヴァイオリンがわかる インスタグラム