ヴァイオリンがわかる!

ヴァイオリンがわかる!はヴァイオリンに対して熱意を持って取り組んでいる方を応援するヴァイオリン情報サイトです。

小ネタ

2月22日は「ニャンニャンニャン」でネコの日だそうです。以前レッスンにお越しの方に教えて頂きました。

 


毛替え、それから炊飯器の釜と蓋

弓の毛替えは3ヶ月〜半年に一度と言われるし、このサイトでも同じような事を書いている。けれども、演奏上の問題が生じなければこの期間にこだわることはないと言うのが実際のところ。

金曜日にトルテスクールの弓を毛替えして頂いた。この弓は9ヶ月ぶりとなる。うちのオールドボーの場合は、ある時点からバランスが崩れるためか急にうまく音が出なくなり、それを交換の目安にしている。上手な毛替えだと長持ちするし、オールドボーを練習には使わないことや、レッスンではオールドボー4本をローテーションして使っているので比較的長く保ったのだろう。

原則的に購入したお店で毛替えをして頂くようにしているので、吉祥寺のシャコンヌさんへ。この弓はかなり難しい弓と言うことで前回毛替えをして頂いた職人さんを指定させて頂いた。また併せて巻き皮が傷んでいたので、購入時からの牛革からトカゲ皮にしてみた。少し音が変わることも期待して。

トカゲ皮に交換した弓。
巻き皮なしの方が音が良いかもしれないが、さすがに実用には耐えないだろうし

待ち時間で、前から気になっていた楽器があったので時間をかけて試させて頂き、また書籍をお借りして見比べさせて頂いた。やっぱりこの楽器良い(^^)。売れていないのは・・・、こ・れ・は・運命?(^^;;;。

弓は毛替えをしたら正常に発音するようになって嬉しい(^^)。毛替えの後1週間程度はトラブルが起こる可能性があるのでなじませることも含めて、しばらくこの弓のみを使うことになる。

吉祥寺のディスクユニオン(中古CD屋さんです)に行き、その隣のタイ料理店で鶏肉の炊き込みご飯を食す。そうか、ハーブを入れてご飯を炊くと美味いのか(^^)。

ヨドバシアキバへ注文していた炊飯器の釜と蓋を受け取りに行く。釜はテフロンが剥がれ、蓋には水が溜まっていたので、消費税増税前の駆け込みで炊飯器を買い換えようかとも思っていたが、部品の交換だけにすることにした。

増税前に何を駆け込もうかと思いつつ、別に急いで買うこともないよなと思ってもいる。5万円のものを買っても1500円の差であるし、家電は今が最も高いかもしれないなと思うので、買うなら年度が変わってからかなあ。

炊飯器の釜と蓋。単品で売っているものですね。

 



大人のためのヴァイオリン教室
東京レッスンの予約愛知レッスンの予約

ヴァイオリンがわかる管理人の日記

ヴァイオリンがわかる ツイッター  ヴァイオリンがわかる Facebook  ヴァイオリンがわかる インスタグラム