ヴァイオリンがわかる!

ヴァイオリンがわかる!はヴァイオリンに対して熱意を持って取り組んでいる方を応援するヴァイオリン情報サイトです。

自分には扱えなかった楽器

水曜日と木曜日は東京にてレッスン。8コマ+9コマと大変多くの方にお越し頂きました。雪が降るかもという予報で、とても寒い中お越し頂いた皆様有難うございました。水曜日はイタズラ予約が入っていて、時々iPadを見ながらの集中力の欠けたレッスンになってしまいました。お越し頂いた皆様には申し訳なかったですが、安全にレッスンを受けて頂けるためですのでご容赦下さい。何事もなくて良かったです。

今回はたまたま楽器の話が多く出た。「ストラディヴァリはどんな音なのか?」「良い楽器とは?」と言うような内容。実際のところ適切な答は無いものと思っている。これまで多くのストラディヴァリを弾いたが、それぞれ全然違うし、「良い楽器」も観点がひとによって違うだろう。

楽器を評価するためには楽器を鳴らす演奏の技術が必要とされる。レーシングカーを40km/hで走らせても評価できず、400km/hと言わないまでも200km/hくらいで走らせないと何も分からないことだろう。わたしだってそれぞれの楽器の性能を100%引き出せてはいなかったはず。音色の上品か下品かもストラドでも楽器によって全然違うし、調整を変えるとがらっと音が変わる。名品に共通することがあるとすれば、音量が出ることと、音が広がること、低音が多く出ることだろうか。でも、個体差があまりにも大きい。

ただ、楽器の買い換えは最終手段とは言える。弾きやすさは楽器の善し悪しより調整の善し悪しであるし、音量や音色も調整次第でかなり変えることができる。弓も毛や毛替えの技術で大きく変わる。どうしてもという必然性や、熱病のような勢いで欲しいと思うのでなければ(これ結構大事。熱くなってしまう気持ちは案外正しい)、ご自分の楽器の整備を先にするべきと思う。

ところで、先日売却したエレキベースがそのお店のサイトに出た。「激鳴りの一本」と書かれていて複雑な気持ちになった。手持ちの別の楽器(1962年と1964年の古いフェンダーの楽器)に比べてスケールの大きさや音への感動が少ないと自分は思ったから。音についての観点が違うのかもしれないし、自分には扱えなかった楽器なのだろう。わたしだって分かっていない。

 



大人のためのヴァイオリン教室
東京レッスンの予約愛知レッスンの予約

ヴァイオリンがわかる管理人の日記

ヴァイオリンがわかる ツイッター  ヴァイオリンがわかる Facebook  ヴァイオリンがわかる インスタグラム