ヴァイオリンがわかる!

ヴァイオリンがわかる!はヴァイオリンに対して熱意を持って取り組んでいる方を応援するヴァイオリン情報サイトです。

小ネタ:iPhone 5sと5C触ってきた

発売されたばかりのApple iPhone 5Sと5Cをドコモショップで金曜日に触ってきた。5Sは64bitのためか動作速度凄まじく速い!この性能を持ったiPadが出たら買い換えたいかも(わたしのはiPad2)。5Cはプラスティック製でも、チープな感じはなく予想外に好印象。

ドコモでも売り出されると、やはりiPhoneも安売り合戦になるのだろうか。


広がる音

土曜日は東京にて、日曜日は愛知にてレッスン。9コマ+8コマと両日とも大変多くの方にお越し頂き有難うございました。土曜日の東京は満員御礼大感謝になりました(^^)。

音質にはいろいろな美意識があり得ると思うけれど、わたしは「ふわっと広がる音」「楽器からではなく周りから聞こえるような音」が好ましい音と考えている。これは演奏からと言うよりも、多くのオールド楽器から学んだ事。楽器に関しては裏板がちゃんと鳴る楽器を好むし、弓に関しては音に広がりの出るトルテなどの弓が好み。演奏技術に関しては、力を込めない弾き方がその要求を満たす。

簡単に「脱力」「脱力」とよく言われるけれど、少し違うように思える。「脱力」が目的ではなく、「広がる音」を出す力のバランスは相当に軽い力加減にあるということ。逆に力を入れて「ガーと突き刺さる音」にもある種の魅力があると思うし、ある種の楽器では単純に「脱力」しては音がうまく出ない楽器もある。

ただ、演奏に関しても楽器製作に関しても「突き刺さる音」よりも「広がる音」を作り出す方が高度な技術のようには思える。演奏に関してはフレーズを長く取ることだろうと思うし、楽器の隅々まで響かせること。そう言っておきながら、自分でも思った音は全然出ず難しいなと思っている。デル・ジェス+現在某演奏家の持っているトルテで弾いた時の「あの音」なんだけどなあ・・・。

 



大人のためのヴァイオリン教室
東京レッスンの予約愛知レッスンの予約

ヴァイオリンがわかる管理人の日記

ヴァイオリンがわかる ツイッター  ヴァイオリンがわかる Facebook  ヴァイオリンがわかる インスタグラム