ヴァイオリンがわかる!

ヴァイオリンがわかる!はヴァイオリンに対して熱意を持って取り組んでいる方を応援するヴァイオリン情報サイトです。

E線の音が急に出なくなって

レッスン中にE線が急に音が出なくなってしまった(使用していたのはピラストロのNo.1)。E線の巻線がほつれてしまっていた。突然音が出なくなってしまうのは35年近く弾いていて初めてで驚いた。

駒から1.5cm程度のところでE線の巻線が飛び出ているのが分かりますでしょうか?


ミスは問題にせず

土曜日は東京にて、日曜日は愛知にてレッスン。今回も非常に多くの方にお越し頂き有難うございました。愛知には2週間前にも来ているはずだけれど、愛知レッスンが久しぶりな気がするのはなぜなんだろう。夏休みに入って新幹線が家族連れで満員だったためかな。

「ミスによって弾けていない場合」と「分かっていなくて弾けていない場合」はかなり違う。レッスンではうっかり間違えてしまったことは指摘しないか、「一応、そこは違ってしまいました」という程度にさらっと流す場合が多い。一方、分かっていなくて弾けていない場合はしつこく指摘を続けることになる。

ミス全て解決して見た目の上でのパーフェクトをというのは日本人のお家芸。わたしだって、間違えた箇所は自分でも気になるし、そういう問題を無くそうとばかりしがち。ミスすることが人間らしい演奏とは思わないし、ミスが少ないに超したことはない。

でも、そればかり指摘しても上達しないだろう。ミスは自分で直せるが、分かっていなくてできていないのは根本的に勘違いしているのと同じ事で、自分では気がつかないことが多い。自分だってそう言う経験は多いし、だから現在でも習いに行っている。

やたらと他人の欠点や自分の考えと違うことを指摘するのは、教える上で望ましいことではないと思う。評論家は概して何も生み出さないと思う。結果が良くできていれば、自分と違うやり方でもそれで良いと考えるべきで、自分のやり方に凝り固まってもならない。

と思ってはいるものの、また、なるべく余計なことを言わないようにと思っているのだけれども、なかなか難しいですね。うーん。

 



大人のためのヴァイオリン教室
東京レッスンの予約愛知レッスンの予約

ヴァイオリンがわかる管理人の日記

ヴァイオリンがわかる ツイッター  ヴァイオリンがわかる Facebook  ヴァイオリンがわかる インスタグラム