ヴァイオリンがわかる!

ヴァイオリンがわかる!はヴァイオリンに対して熱意を持って取り組んでいる方を応援するヴァイオリン情報サイトです。

暑いですね・・・

暑くなりました。公園のネコたちも平ぺったくなっています。

 


 

ブランドと良い楽器の区別

土曜日と日曜日は東京にてレッスン。また、金曜日夜はレッスンではないけれども、ヴァイオリンについてのお話のためお客様にお越し頂きました。

有名ブランドは高い品質を示すと思うのが普通。ところが、骨董的な楽器の場合は音の善し悪しとブランドの有名さは必ずしも一致しないもの。「ストラディヴァリは素晴らしい」を前提とすると判断を誤りがちになる。

良い楽器とは「ダイナミックレンジの広さ(特に大音量側:音がでかいこと)」「周波数レンジの広さ(特に低音側:低い音が出ること)」が条件。その音の出方には「格」があるように思える。スケールの大きさと言っても良いかもしれない。それが、「楽器に弾かされる」「楽器からインスピレーションを得る」という印象につながると思う。

もちろん古い有名製作家によるものはスケールの大きな音が出ることも多い。でも、必ずしもそう言う音が出るものばかりではない。もともとの出来不出来よりも、むしろ修理の巧拙が大きな要因になると考えられる。無銘の楽器でもスケールの大きい楽器もあるし、有名な楽器でもスケールが小さいと感じることもある。

演奏の善し悪しも同じかもなあ。無名の演奏家でもすごく良い演奏をするひともいるし。


ゼロハリバートンのヴァイオリンケース

先日開催された弦楽器オークションであるサンライズオークション。2点だけ落札させて頂いた。クリスティーズの古いオークションカタログとヴァイオリンケース。

ゼロハリバートンの特注ヴァイオリンケースが出品されていた。非常に珍しいものと思ったものの、使い道があまり無いので、自分なりに予算を限定して入札することにした。手数料を含めない予算3万円。他に競る方がおらず最低落札価格の3万円で落札できた。

で、金曜日のお昼に国立市のサンライズオークション事務所へ取りに行ってきた。

ゼロハリバートンの巨大ケースにBAMクラシックの普通のケースが入っているという形。当然でかくて重い。うちの体重計で実測で6kg。これなら航空事故に遭っても、爆弾テロに遭っても大丈夫。自分の方はダメだろうけど、中の楽器は大丈夫。※ゼロハリバートンのアタッシュケースはどんなことがあっても大丈夫と言う伝説があるのです。ただ、手で押さえた時の感じはそこまで丈夫ではないかも・・・。

おそらく夢を抱いてオーダーなさったのだと思う。無念の思いで手放されたのではないことを願う。

それにしても、オークションは通常匿名性のあるものだけれども、わたしはあまりコソコソやるのは好まない(変な人ほどコソコソやりたがりますよね・・・)。レッスンにお越しの方には分かるビッドIDにした。こういうのはどうなのかな?オークションハウス側には迷惑なことなのだろうか・・・?

BAMクラシックを外したらリボーニのケースがうまく収まった(^^)

 



大人のためのヴァイオリン教室
東京レッスンの予約愛知レッスンの予約

ヴァイオリンがわかる管理人の日記

ヴァイオリンがわかる ツイッター  ヴァイオリンがわかる Facebook  ヴァイオリンがわかる インスタグラム