ヴァイオリンがわかる!

ヴァイオリンがわかる!はヴァイオリンに対して熱意を持って取り組んでいる方を応援するヴァイオリン情報サイトです。

素敵な弓と国立科学博物館

火曜日〜木曜日は東京にてレッスン。今回も大変に多くの方にお越し頂き有難うございました。わたしも頑張りました(^^)。

火曜日のお話。

4月30日にオープンしたばかりの文京楽器さんの新しい店舗TOVICに行ってみた。プレッセンダなどトリノの製作家と、名弓の展示など行っているということで。

D.ペカットやF.X.トルテの弓とプレッセンダを弾かせてもらった。トルテのうちの一本は非常に良いもので、同じプレッセンダとは思えないくらい音色も音量も変わった。こんなの欲しいなあと(^^)。きっと著しく高価なのだろうけれど、いつの日にか(^^;

その後、上野の国立科学博物館へ。グレートジャーニー展に興味を持っていたし、国立科学博物館の常設展示も初めて(だったと思う)。干し首やミイラなども見つつ、膨大な量の常設展も一通り見る。すごい!恐竜の化石から隕石まで膨大な数に驚く。

夕方のレッスンに間に合わせなければならなかったので、とても丁寧には見ることができなかったけれど、何度かに分けて来てみたいところ。

ここのところ博物館や科学館によく行っているのは、自宅の玄関を簡単な展示スペースにしよう計画を考えているためでもある。見せ方・示し方は大切で、同じ事が面白いものにもつまらないものにもなる。観覧する側の実体験に近づくのが好ましい展示なのだろうか。展示物と見る側の距離が近いほど、見る側の経験になり得る。

美術館で解説の文字ばかり読んでいる方を見かけることがあるが、文字での理解よりも実際に触ってみる感触を大切にしたいとわたしは思う。

帰りに上野駅構内のお寿司屋さんに。そういえば江戸前寿司ってちゃんとしたのを食べたことがない。今度行ってみよう。

国立科学博物館のデゴイチ:いつの日にか復活するのかな

 



大人のためのヴァイオリン教室
東京レッスンの予約愛知レッスンの予約

ヴァイオリンがわかる管理人の日記

ヴァイオリンがわかる ツイッター  ヴァイオリンがわかる Facebook  ヴァイオリンがわかる インスタグラム