ヴァイオリンがわかる!

ヴァイオリンがわかる!はヴァイオリンに対して熱意を持って取り組んでいる方を応援するヴァイオリン情報サイトです。

元気になれれば

土曜日・日曜日は東京にてレッスン。9コマ+9コマの18コマ!大入り御礼です(^^)。急に寒くなった中お越し頂き有難うございました。片付けた電気ストーブを引っ張り出してきちゃいました。

お忙しいところ・お疲れのところお越し頂き、ひとによってはとても遠いところからお越し頂き有難いこと。お疲れの表情の方がお帰りの際には元気な顔になっていることを願っている。

実際、楽器で良い音を出せた時に目に見えて元気な様子になっていくことがある。別に自分の教え方が良いなんて言いたいわけではない(すぐそういう穿った読み方をされるから念を押す)。楽器を弾くことや音楽に価値があるとしたら、元気になれることなのだと思う。

音楽は聴くよりも弾いた方が楽しめる。そして良い音が出せて音程が整い楽譜通り弾けると、より一層楽しめる。音程が整うと楽器はより響くし、自分の好き勝手に弾くより楽譜通り弾いた方が作曲家の描いた世界が見えるようになるから。表面的な楽しみでは何にもならず、正しく弾くことが本当に楽しめると思う。

ヴァイオリンを楽しんで、ヴァイオリンを弾くことで元気になって欲しいとわたしは思っている。


ヤマハのカーボン弓

ヤマハのカーボン弓を購入した。既に生産完了になっているがズッカーマンのモデル(CBB107PZ)。販売当時でもっとも高額(399,000円)で売られていたものが中古品で出て、弾いてみたら好印象かつ値段も10万円台と安かったので即購入。渋谷のマリオルッチさんにて。

金べっ甲風なのが泣ける(プラスティック+真鍮)

以前どこかで弾いてピンと来なかったので期待しないで試奏してみたら、これはあなどれないなと思った。こういうことを書くとすぐにステマだと穿った見方をするひとが出てくるから念を押す(^^;いつも弦楽器フェアでご挨拶をするヤマハの方はおられるが、それはそれ。お付き合いのある楽器店についてもお世話にはなっているが不当な提灯記事は書かない。これはこれです。その方がお互いにとって良いと思うから。

それはともかく(^^;。

かなり良いです。良い楽器で弾くと良さが出る。弓が重め(62gくらいか)かつ先が重めで好みが分かれると思うが、ちょっとした銘柄の弓より優れた性能。音は太いしスピッカートなどのテクニックも難なくこなせる。録音をしてみてもマイク乗りが良好。カーボン弓というとサブ弓扱いされるイメージだが、普通の方には充分メイン弓になり得る性能。

ただ、「所有の喜び」や「いつまでも弾いていたくなる」というような「体温」の部分になると不足していると感じる。この「体温」が楽器を弾く上での楽しみになり得るのだから。もちろん骨董的価値は無い。

自分が録音の仕事をメインにするならこれの同じモデルのものを2本用意するだろう。安定した仕事ができるはずだろうから。ヤマハカスタムのアコースティックギターも3本持っているが、これも録音するとそれっぽく聞こえるもので業務用機材としては理想的な性能。

でも、レッスンでは「音の香り」のようなものを感じ取って欲しいと思う。だから「音の香り」のあるオールド弓をいつも使っている(フェティークでは「音の香り」はあまりない。オールド弓独特の世界です)。その「音の香り」をどう評価するかだよなあ。

レッスンにお越しの方はよろしければどうぞお試しになってみて下さい。

 



大人のためのヴァイオリン教室
東京レッスンの予約愛知レッスンの予約

ヴァイオリンがわかる管理人の日記

ヴァイオリンがわかる ツイッター  ヴァイオリンがわかる Facebook  ヴァイオリンがわかる インスタグラム