ヴァイオリンがわかる!

ヴァイオリンがわかる!はヴァイオリンに対して熱意を持って取り組んでいる方を応援するヴァイオリン情報サイトです。

いろんな方の協力で

月曜日は愛知レッスン2日目。お越し頂いた皆様、有難うございました。この日の愛知は暖かく(ちょっと暑く)大変に良い天気でした。

なるべく私的なことは書かないようにと思っているが、今回は書かせて頂こうと思う。前日の10月14日は結婚して10周年の日でした。

嫁さんもヴァイオリンを弾くので、最初の頃は「ヴァイオリンがわかる!」の記事も読んでもらって意見を聞いたり、今もレッスン等に関してなど時々意見を聞いたりすることがある。わたし自身はきついことを書いてしまう性格のため、「そんなふうに書かない方がいいんじゃない」とよく言われたもの。

「ヴァイオリンがわかる!」も8年目に入った。このサイトは全てを自分でやることにしているので、全ての記事も写真も動画もWeb化も自分ひとりでやっているが、その中にはいろんな方の協力が入っている。節目を機会に多くの方の協力に感謝したい。


自称「○○」

iPS細胞にまつわる治療?事件について、「うそぴょん」と言うことになり、何のこっちゃという感じ。いろんなひとがいるものだ。

でも、自称「○○」について興味深く思えた。

わたしは自称「音楽家」、自称「写真家」、自称「文筆業」・・・、アヤしいぜ(^^;。どれも事実ではあるが、証明しろと言われたら証明のしようがない。自称「Webクリエーター」、自称「ヴァイオリン研究家」・・・。ますますアヤしい。

等身大の自分でいいと思っているから、必要以上に大きく見せようとも思わないし、好き勝手にやらせて頂いている。もちろん多少は格好をつけたい気持ちもなくはないが、それも似合うとは思えない。ビッグネームにすがるのは劣等感の現れと思うし。等身大の自分は普通自動車運転免許しか資格のない自営業者(^^;。

ヴァイオリンの世界に限らず、大きく見せたい、立派に見せたいというケースは多い。でも、等身大の姿が見えた時がむしろ楽しく思える。それはわたしだけの感覚ではないだろう。レッスンにお越しになる方は社会的に立派な方が多いと思う。けれども、レッスンの最中は等身大の人柄を見ることができて、それがわたしには楽しい。

 



大人のためのヴァイオリン教室
東京レッスンの予約愛知レッスンの予約

ヴァイオリンがわかる管理人の日記

ヴァイオリンがわかる ツイッター  ヴァイオリンがわかる Facebook  ヴァイオリンがわかる インスタグラム