ヴァイオリンがわかる!

ヴァイオリンがわかる!はヴァイオリンに対して熱意を持って取り組んでいる方を応援するヴァイオリン情報サイトです。

台風など天災にはご注意を

台風は大丈夫でしたでしょうか?大きな被害・実害が無かったことを願っております。

1日は12月分のレッスンの予約開始日。既に多くのご予約を頂き有難うございます。また、土曜日、日曜日は東京にてレッスン。土曜日は9コマと大入りになり大感謝です(^^)。日曜日は台風により、わたしの方から申し出て夜間帯のレッスンをお休みにさせて頂きました。

災害が予想される時、災害があった直後はわたしの方から「お休みでもいいですよ」と連絡をさせて頂くことがある。これまで2011年3月の地震の直後、2011年9月の台風、2012年4月の大風の時に出させて頂いたことがある。

怪我などはもちろんのこと、交通もマヒするため、さまざまな面で苦労をさせてしまうことが予想され、そんな事態は避けたいと思っている。遠方からお越しの方も多いことは承知しているし、お忙しいところお越しの方も多いかと思う。身体の危険を冒してまでお越し頂かなくてもと私の側は考えている。

まずはご自身やご家族の安全を最優先にして頂きたいと思います。


新作楽器の調子がよい(^^)

急激に気温が下がったためか、新作楽器の調子がよろしい(^^)。

オールド名器は温度湿度の管理が難しいと言われることがしばしばあるが、経験的にはオールドの方が気を遣わなくて済む。オールドは経年変化で木材がカリカリになっているし、構造上のストレスで壊れるところは壊れてしまっているためか、それほど温度湿度の影響を受けないように思える。

よく材料が乾燥してと言われるが水分が飛ぶわけではないように思える。化学変化として不可逆的な変化・変質が生じているのだろうと思う。古い寺社仏閣の柱のように木材はカサカサになってしまっていて、結果として元々の鳴りの良い楽器は独特の渋い音になるのだろうと思う。

一方、新作楽器は敏感。木材の若さや構造上の負担が残っているのか、温度湿度に大きく左右される。実際に変形をしている様子が見られるし、音色的にも温度が高いと新作特有のヤワい音になる傾向がある。まだ、材料が硬化していないのだろうなと感じる。

その分、気温が下がり材料がちょっと硬くなるのか、張りのある良い音が出ている。こういった変化からまだまだ若い楽器なんだなあと感じる。ともあれ良い音が出ると嬉しいものですね(^^)。

 



大人のためのヴァイオリン教室
東京レッスンの予約愛知レッスンの予約

ヴァイオリンがわかる管理人の日記

ヴァイオリンがわかる ツイッター  ヴァイオリンがわかる Facebook  ヴァイオリンがわかる インスタグラム