ヴァイオリンがわかる!

ヴァイオリンがわかる!はヴァイオリンに対して熱意を持って取り組んでいる方を応援するヴァイオリン情報サイトです。

iPhone5

AppleのiPhone5発表された。普通な感じではあるが、まずまず魅力的。でも、自分にとっては同時発表のiPod touchの方が使いでがありそう。iPhone 5こんなのだったら即買いだったな。


 

大入り御礼

火曜日・水曜日は東京にてレッスン。両日とも大入り御礼の4+9コマ。予約画面上は更に2コマあるが、13:00と17:00を休み時間に入れさせて頂いているので9コマで大入り。お越し頂いた多くの皆様本当に有難うございました。わたしも頑張りました!

こうして多くの方にお越し頂いていると、わたしの方も教えるノウハウが育つ。ヴァイオリン演奏は各所の強からず弱からずのバランスで決まる面がある。多くの方を見ていると、どうバランスが崩れているのか一目で分かるようになった。そして、その点を直して頂くための言葉の選択もあれこれ工夫をしているが、数をこなすことで効果の高い表現のストックが増えたと思う。

こういうのは経験量の勝負だなあと感じる。以前よりは上手に教えられるようになっているかなあ、そう思いたい。


ギターの修理

火曜日午前中は手持ちのアコースティックギターがノイズを出すので点検をしてもらいにでかける。お茶の水のウッドマンさんへ。100年以上前の楽器(1907年のMartin 0-42)。ヴァイオリンでは100年前は大したことはないが、ギターの場合は100年前だと大昔の楽器。ヴァイオリンで言うガスパロ・ダ・サロみたいな感覚。

胴体を叩くとベシベシと音がするので、ブレーシング(ヴァイオリンで言うバスバーに当たるもの)が剥がれているのではと思ったが、特に大きな問題はないらしい。より精密検査をするために預かって頂いた。ヴァイオリンだったら明らかに剥がれている音だが、楽器によって反応が異なるのが興味深い。

ヴァイオリンだけが楽器の世界ではないわけで、共通点も相違点もあって面白い。

ついでにお茶の水のギターショップ巡り。「もう手に入らない材料」、「将来価値が上がりますから」。また、このセリフ聞かされた(^^;。ヴァイオリンで嫌と言うほど聞いたセリフ。ギターの世界では1970年のものでヴィンテージなのだから。いつになったら本当に材料が手に入らなくなるのだか。価値(価格)は上がりもすれば、下がりもするし。

 



大人のためのヴァイオリン教室
東京レッスンの予約愛知レッスンの予約

ヴァイオリンがわかる管理人の日記

ヴァイオリンがわかる ツイッター  ヴァイオリンがわかる Facebook  ヴァイオリンがわかる インスタグラム