ヴァイオリンがわかる!

ヴァイオリンがわかる!はヴァイオリンに対して熱意を持って取り組んでいる方を応援するヴァイオリン情報サイトです。

田端まで歩く

月曜日は一日中お越しになる方も出かける予定もないお休み。朝は日食を見て、たまっていた仕事をいくらかこなして、翌日のレッスンに向けた練習をして。

夕方になって、JR田端駅まで歩いてみることにした。田端は多くの文人にゆかりのある土地。芥川龍之介を筆頭に、小林秀雄、岡倉天心、菊池寛、堀辰雄など。

JR田端駅は駒込駅の隣駅なのでそれほど遠いわけではない(歩いたら結構遠かったが)。

芥川龍之介の文章に「鑑定」というものがある。

こんな文章。リンク先は青空文庫。

http://www.aozora.gr.jp/cards/000879/files/3747_27294.html

鑑定についてポイントを突いた文章と思っている。楽器に関しても、その通りと感じる。モノを値段とブランドで推し量るのではなく、美しいと思う心の方が価値のあること。

この街で、文人達がブラブラしていたのかなあと想像すると、楽しくなる。

 



大人のためのヴァイオリン教室
東京レッスンの予約愛知レッスンの予約

ヴァイオリンがわかる管理人の日記

ヴァイオリンがわかる ツイッター  ヴァイオリンがわかる Facebook  ヴァイオリンがわかる インスタグラム