ヴァイオリンがわかる!

ヴァイオリンがわかる!はヴァイオリンに対して熱意を持って取り組んでいる方を応援するヴァイオリン情報サイトです。

弓と弦の接し具合

水曜日と木曜日は東京にてレッスン。特に水曜日は9コマと非常に多くの方にお越し頂き有難うございました。

現在考えていること。弓と弦の接し具合の表現。基本的にはかなり弱い圧力で弓と弦を当てるものと考えている。ただ、弱ければ良いわけではなく、適切な圧力の感覚を表現する言葉を探している。

これは特にオールドボーの場合に顕著で、弓のスティックの中心を感じるというか、弓の毛がほんの少ししなるような感じというか、スティックの弾性を感じるというか。その適切な具合で、ぶわっと音が出たり、情けない音になったりするので、オールドボーは面白い。しかも弓によって全然加減が変わってしまうが、何か共通する感覚があるようには思える。

いろんなものを合わせて言葉を探しているところ。箸を2本合わせてみたり(これは硬すぎ)、ドラムのスティックを2本合わせてみたり(これも硬い)。カッターの刃で木材を切ってみたり(これは柔らかすぎ)。硬くて(実際、弓はめちゃくちゃ硬い木材)、でも、弾力性のあるものが合わさっている状態なんだろうなとは思う。

今のところ、適切な表現が見つからないけれども何とか見つけたいなと思う。

 



大人のためのヴァイオリン教室
東京レッスンの予約愛知レッスンの予約

ヴァイオリンがわかる管理人の日記

ヴァイオリンがわかる ツイッター  ヴァイオリンがわかる Facebook  ヴァイオリンがわかる インスタグラム