ヴァイオリンがわかる!

ヴァイオリンがわかる!はヴァイオリンに対して熱意を持って取り組んでいる方を応援するヴァイオリン情報サイトです。

単純な動きで良いと思う

土曜日・日曜日は東京にてレッスン。特に日曜日は8コマと多くの方にお越し頂き有難うございました。

ヴァイオリンに限らず技術というものは単純な方が好ましいと思っている。習熟してくると技術は滑らかに最小限の動きでできるもので、またそういう動きが好ましいとされることが多いと思う。いわゆる無駄のない動きと言うこと。

うちではなるべく単純な技術で弾くようにとお話させて頂くことが多い。指弓をやって頂くことはほとんど無い(わたし自身はやることもある)し、腕をくねらせたり、8の字に動かす弾き方を推奨することもない。ただ単純に弓を横に動かす動きで大半の場合は問題ないと考えている。左手も置くだけ、弦に乗せるだけが理想的と考える。

なるべく単純な技術で、音程とリズムを正確に弾くことができれば、かなりきれいな音楽ができるものと考えている。特に、リズムは大事で、音を出すタイミングはもちろん、音を伸ばす長さも正確にとお話させて頂くことは多い。

音楽的な表現についてはほとんどお話させて頂くことはない。教えることは、自分のコピーをつくることではないから、曲は大半が楽譜に忠実に弾くお話ばかり。大抵はそれで充分。

今回もそんな事を考えながら多くの方にお話をさせて頂いた。今回初めてお越しの方が比較的多く、わたし自身も何を最優先にやるべきかを再認識することになった。


ラベル買いの美味ワイン

ひさしぶりにお酒の話題。お酒はそんなに飲めるわけではないし、そんなに飲まないのだけれど、おいしいワインは好物のひとつ。大学生の頃、ワインセミナーで演奏のバイトをやって、その時に飲ませて頂いたのがおいしくておいしくて(その時はドイツワイン)。

以前はあれこれ知識をつけて買っていたが、気取ったワイン通ではないので、だんだんどうでもよくなり、最近はジャケ買いならぬ、ラベル買い。でも、これが割とヒットすることが多いように思える。CDのジャケ買いが案外当たることが多いのと同じようなものか。

近所の酒屋(染井商店街の三木酒店)でかっこいいと思ったラベルのワインを購入。

左から、ウッドヘブン:カリフォルニア(1,000円くらい)、689:カリフォルニア(1,980円くらい)、タパス:スペイン(1,200円くらい)

どれも安価なワインだけど美味(^^)。カリフォルニアワインの2本はかなり高いレベルで下手なボルドーワインよりおいしく感じた。スペインのものも風味豊かでかなりいける。購入したお店でかなり選定しているのかもしれないが、今回のラベル買いは当たったのでご機嫌(^^)。

 



大人のためのヴァイオリン教室
東京レッスンの予約愛知レッスンの予約

ヴァイオリンがわかる管理人の日記

ヴァイオリンがわかる ツイッター  ヴァイオリンがわかる Facebook  ヴァイオリンがわかる インスタグラム