ヴァイオリンがわかる!

ヴァイオリンがわかる!はヴァイオリンに対して熱意を持って取り組んでいる方を応援するヴァイオリン情報サイトです。

音を出す向き

水曜日・木曜日はレッスン。今回も多くの方にお越し頂き有難うございました。最近寒くなりましたね・・・。

音は届かせようと意識した方向に飛んでいくものと思っている。レッスンではしょっちゅう、部屋の響きを聞くように、ホールの3階席に届くように、音を上に響かせるように、などとお話しをすることが多い。音を遠くに飛ばそうとする意識が響く音を作るのに有用と思うから。逆に言うと、独り言の音では使い物にならないということではある。

案外自分の音の聴き方は大事なのだと思う。もちろん細々としたテクニック面でもお話しすることは多いものの、音が聴く人にとってどういう風に聞こえているかを意識するのはとても大事と思う。

ぜひ録音などを使いながらあれこれお試し頂きたいと思う。録音機を至近距離で置くのと、2m離して置くのと音が全然違うのだから。弦楽器はオンマイクでは聴けたものにはならないし、空間を響かせるようにできているのだなあと気づかされる。


animusic

また穴埋め企画です。でもレッスンの中で、頭の中で音を作るイメージについてお話させて頂いたときに、この映像がわたしは目に浮かんだので。

以前、どこかで紹介させて頂いたことがあるが(どこだったか忘れた。この日記で同じお話をしているかも)、animusicというCGとMIDIの音楽を組み合わせたものです。音を映像化したものはディズニーのファンタジアなど多くあるものの、その中で衝撃的にすごいと思ったもの。シリーズ化されているので、他にも面白いものがたくさんある。音を見るとこんな感じなのかなあと。

 



大人のためのヴァイオリン教室
東京レッスンの予約愛知レッスンの予約

ヴァイオリンがわかる管理人の日記

ヴァイオリンがわかる ツイッター  ヴァイオリンがわかる Facebook  ヴァイオリンがわかる インスタグラム