ヴァイオリンがわかる!

ヴァイオリンがわかる!はヴァイオリンに対して熱意を持って取り組んでいる方を応援するヴァイオリン情報サイトです。

多様性

11月1日ということで2012年1月分の予約開始日。すでに早朝からかなり多くのご予約を頂き有難うございました。

毎月1日の午前0時から2ヶ月先の予約が可能になる。平日の夜間帯や休日は比較的早い段階で埋まってしまうため、ご希望の日時がおありの場合は早めのご予約をお願いしている。そのため、夜中の0時からご予約頂く方も多くいらっしゃって本当に感謝です。

うちのようなヴァイオリン教室は特殊な部類に入るものと思う。楽器を鳴らすことや音色と言ったボーイングやヴィブラートなどの基礎技術を徹底的に習得して頂くこと(もちろん練習曲を使いながら)、ほぼ全ての技術や音楽の考え方を理屈で理解して頂くこと、多くの場合、曲は基礎技術の確認程度であることなど、通常と全然違うアプローチだろうと思う。

アプローチの違いや、音大出身でないことや、インターネットで積極的に情報を提供していることなどから、インチキ教師呼ばわりされたこともあって不愉快な思いをしたこともある。まあヴァイオリンの世界は誹謗中傷で成立しているのをよく知っているので、どうってことはない。この世界はとても排他的だから。

ただ、最近はみんなに認められなくてもいいかなと思うようになった。ヴァイオリンの世界だって多様性があってしかるべき。うちはヴァイオリンが振動する仕組みを理解できる方、ヴァイオリンで良い音を出したい方にご利用頂ければいいのかなと。実際、ヴァイオリンが非常にお好きな方(わたしの方が負けそう(^^;)に多くお越し頂いているのはとても幸せな事なのだろうと思っている。

現在、様々なところから様々なお仕事を頂いていて忙しく過ごさせて頂いておりますが、今月も頑張ってレッスンをしていきます。どうぞよろしくお願い致します。


いい景色

月曜日は楽器を撮影する仕事にでかける。今回はオールドイタリーばかり数本!こういうのは結構嬉しい(^^)。

何も高額な楽器だから嬉しいわけではない。モノとしての出来が良いため撮影し甲斐があるし、ファインダーを覗いたときも「おお!」という感動がある。骨董の世界で言う「いい景色だね」というやつ。

カメラマンとして見ると、ヴァイオリンの値段と、自分の中の評価は必ずしも一致しない。もちろんストラディヴァリやグァルネリ・デル・ジェスはいい景色の楽器が多いけれど、1600年代のものにも美しい楽器が多いと思うし、自分が鑑賞の対象にするなら1600年代のもの(アンドレア・グァルネリやルジェリ、アマティなど)にするかもしれないな。このあたりは、Late Cremoneseより安価なのではないだろうか。

割と美術館や博物館に行くことが多く、国宝級の名品はやはりすごいなと思うことが多い。こういうのが「いい景色」なんだと納得することも。ヴァイオリンの世界でも「いい景色」に多く出会いたいところ。

 



大人のためのヴァイオリン教室
東京レッスンの予約愛知レッスンの予約

ヴァイオリンがわかる管理人の日記

ヴァイオリンがわかる ツイッター  ヴァイオリンがわかる Facebook  ヴァイオリンがわかる インスタグラム