ヴァイオリンがわかる!

ヴァイオリンがわかる!はヴァイオリンに対して熱意を持って取り組んでいる方を応援するヴァイオリン情報サイトです。

良い音

土曜日は東京にて、日曜日は愛知にてレッスン。今回も多くの方にお越し頂き有難うございました。土曜日は朝9時からの臨時レッスンがあり遠方からお越し頂いたし、日曜日の愛知レッスンにも遠方からお越し頂いた方がいらっしゃいました。本当に有難うございます。

良い音が出てきた方、楽器を非常に鳴らせるようになった方、ヴィブラートがそれっぽい音でかかるようになった方などが今回もいらっしゃって嬉しい(^^)。良い音が出るようにとこうやってレッスンをやっているし、自分自身も良い音が出したくて楽器や演奏にも時間やお金もかけてきている。これは汚い音が許せないものがあるから。

金曜日に楽器屋さんにでかけて、先日倒してしまったヴィオラの魂柱を立てて頂いた。楽器が息を吹き返したようで本当に嬉しい(^^)。やっぱりこのヴィオラは格別な音がすると自分では思う。その際に楽器屋さんからヴァイオリン界のいろんな人についてのお話を伺った。本当にいろんな方がいらっしゃるものだなと思う。

この世界のひと、皆が良い音を求めていればいいのにねと思うところ。楽器を作る人も必ずしも良い音を求めているわけでもなさそうであるし、教える側も音程の指摘だけに終わることも多く、どうやったら良い音程で弾けるかまでの指導に至っていないことも多い。わたし自身、かつては音程やリズムの指摘の指導に終わっていた。

「良い音」は幻想のようなものかもしれないし、実際雑誌や書籍でも、「良い音」の考えが曖昧なことも多い。だからこそ「良い音」はどういう音のことで、どうやったら理論上できるようになるかをお伝えできればいいのかなと思う。

良いとされる楽器や演奏を多く聴いて、何となく「良い音」がわかるようになった。今のところ、「良い音」は十分な音量を持った、でもうるさくない太い音で、それを出すにはなるべく手先の力ではなく身体の中から楽器を弾くことかな、と思っている。

まとまっておらず支離滅裂です。ごめんなさい。


日本製の良い音

上記のお話に関係して。

最近アコースティックギターを購入した。手持ちのギターなど4本を下取りに出して、お金を足して1本を購入。震災の前後から手持ちの楽器や道具を処分をしている。特に震災の後は、自分にとって本当に必要な良いものだけを手元に置こうと思うようになった。逆に言うと、気に入らないものには冷淡になったのかも(^^;。

これまで使っていたMartin D-45(というアメリカ製の有名な楽器)などを下取りに出して、購入したのはMartin D-45の日本製レプリカ(愛媛県の製作家のもの)。このレプリカの方がどう考えても良い音がしたから。

このサイトに記載の「楽器の買い換え方法」に沿って行動をしたのが自分で可笑しかった。一度は名の通ったブランドのものを知った上で、購入を考えている楽器と同じような値段の楽器や同じ作者の楽器を複数弾き、違和感を感じないお店を探し、時間を空けて2度弾かせて頂きというやり方。それで納得できたから購入した。他にも引き合いはあったそうで、手元に来ることになったのは「ご縁」と言えるだろう。

持っているヴァイオリンのうち一本とヴィオラも日本製。いずれも並のオールドイタリーに勝る格別に良い音がすると思っている。手持ちのエレキギターのうち1本はフェンダーストラトキャスターの日本製レプリカ。本家のフェンダーストラトより明らかに良い音がする(エレキギターも胴体の鳴りが音に影響します)。

自分が日本人だからということではないと思う。音の対して強いこだわりを持って作られた楽器はどこの国のものでも良い音のものができうるとやっと分かるようになった。



大人のためのヴァイオリン教室
東京レッスンの予約愛知レッスンの予約

ヴァイオリンがわかる管理人の日記

ヴァイオリンがわかる ツイッター  ヴァイオリンがわかる Facebook  ヴァイオリンがわかる インスタグラム