ヴァイオリンがわかる!

ヴァイオリンがわかる!はヴァイオリンに対して熱意を持って取り組んでいる方を応援するヴァイオリン情報サイトです。

自賛になってしまうけど

土曜日は東京にて、日曜日は愛知にてレッスン。特に土曜日は9コマとなり非常に多くの方にお越し下さり有難うございました。わたしも頑張りました(^^)。

ここのところ初めての方が何人かいらっしゃっている。けれども、いつもお越しになっている方とは格段の音色の差があるなあと思う。音量や音の太さが段違いと言える。

うちのレッスンは本当にヴァイオリンがお好きな方・良い音を求めている方に向いたものかなと思っている。逆に言うと、何となくヴァイオリンをやってみよう、であったり、軽くうまくなろうという方には全く向かないと思っている。

宿題はある程度の段階までは多いし、要求は厳しいものと思う(基本的にきつい言い方はしないけれども、できるまでねちっこく繰り返しやって頂く)。特にボーイングのコントロールは完全に真っ平らな音になるまでやって頂く(そこそこできるまでに最低半年はかかるけれど、これができなければ何をやってもダメ)。

自分のやり方が正しいのか分からないけれど、我慢をして続けて下さった方は結果としてなかなか良い音が出ているじゃないかと感じるときがある。いわゆる「大人から始めた方の音」とは段違いな音とは思う。

2007年2月に川口にてレッスンを再開してから4年目。当初からの方は少ないけれど、長くお越しの方は少しずつ結果が出てきて嬉しく思う。そして、長くお越し下さっている方は本当にお好きな方であることも嬉しく思う。わたしの方が勉強させて頂く事も少なくない。

ヴァイオリンを表面的ではなく、深く楽しんで頂くことがわたしの願い。


Mac使いやすくなってきた

Macを実用に使い始めて1週間ほど。今回の愛知レッスンにも初めてMacBookを持ってきた。

10年以上もMacを使っているけれども、実用に使っていたのはMac OS 8.5の頃で、現在のMac OS Xは主に音楽の作業や動画編集やらに使っていた。

文章を作成することや、実務的な事には使っていなかったので使いにくい事、使いにくい事。それでも我慢して使っていくと次第に使いやすく感じてくるから面白い。自分の中で順応しているという事になる。

ヴァイオリンでも何でも同じ事だけれど道具が替わると最初は違和感から感じてしまう事が多く、そこで投げ出してしまいたくもなる。それをちょっと我慢して、しばらく続けると優れた道具なら使いやすく感じてくるものだと思う。

自分自身年齢的にオジサンになってきているから、保守的になってきて頭も固くなってきている。それでもなるべく日々新しいもの(特に考え方の新しいもの)に接して多少なりとも老化に抵抗したいところ。特にクラシック音楽の世界にいると、意識しないと保守的になると思う。

一日ひとつはどんなに小さな事でもいいから新しい事をやることを毎日の日課にしている。自分にとって少し心的に抵抗のある事ならより良い(マズいだろうなと思うものを食べてみるなど)。日々ちょっとずつでも発見があって成長できればと思う。



大人のためのヴァイオリン教室
東京レッスンの予約愛知レッスンの予約

ヴァイオリンがわかる管理人の日記

ヴァイオリンがわかる ツイッター  ヴァイオリンがわかる Facebook  ヴァイオリンがわかる インスタグラム