ヴァイオリンがわかる!

ヴァイオリンがわかる!はヴァイオリンに対して熱意を持って取り組んでいる方を応援するヴァイオリン情報サイトです。

モーツァルトは「きちんと」弾く

土曜日は東京にて、日曜日は愛知にてレッスン。今回も非常に多くの方にお越し下さり有難うございました。愛知に来る際に今回富士山が本当にきれいでした。

モーツァルトについて。

モーツァルトの曲を弾いて頂く際にハイドンと同世代であることをお話しさせて頂く事がしばしばある。モーツァルトというとスタイリッシュでモダンな感じ、ハイドンというと古くさい感じがあるように思えるが、ロマン派の音楽のようなモーツァルトは大いに奇妙。ハイドンのように弾く方がモーツァルトらしい感じになるように思える。

モーツァルトは「軽快に・快活に」と言われるようなことはあるし、それは間違っていないと思うけれども、モーツァルトは「きちんと弾くように」と言われる事は少ないように思える。でも、相当にカッチリ弾いて、その上でちょっと軽さがあると良いように感じる。


先の折れた弓

最近譲って頂いた弓。先が折れているもの(^^;。折れた箇所に補強を入れた上、糸を巻いて直してある。

弓は折れてしまったら終わりと言う事はわたしもよく分かっているけれども、折れていても相当に良い音の出る弓(手持ちのフェティークより楽器をよく鳴らすと思う)。早速、今回のレッスンでは多用させて頂いた(^^)。

無理を聞いて下さり譲って頂いた方に感謝です。

※難あり品を推奨するわけではありません。くれぐれも誤解無くお願い致します。特に弓は楽器以上に良いコンディションのものをお勧めします。

 



大人のためのヴァイオリン教室
東京レッスンの予約愛知レッスンの予約

ヴァイオリンがわかる管理人の日記

ヴァイオリンがわかる ツイッター  ヴァイオリンがわかる Facebook  ヴァイオリンがわかる インスタグラム