ヴァイオリンがわかる!

ヴァイオリンがわかる!はヴァイオリンに対して熱意を持って取り組んでいる方を応援するヴァイオリン情報サイトです。

スイスから頂いたメール

以前、レッスンにお越し下さった方でスイスのお住まいの方から添付画像付きのメールを頂いた。

スイスにて日本を応援するチャリティーコンサートが行われると(ユリア・フィッシャーがソリスト!)。遠くから応援して下さる方がおられること、涙が出ます。

特に東京では楽しいことをするのは罪の意識のように思えるし、節電で様々なところが暗く、またここ数日余震が起こるようになり、意気消沈しているように思える。元気を出したいけれども元気になれないのが正直のところ。まずは余震と原発が落ち着くことを願うばかり。

 


十津川村と熊野古道

お休みを頂き紀伊半島に出かけた。時々お休みを頂いて旅行に出かけることがある。今回はハワイのキラウエア火山に行きたかったけれど、紆余曲折あり、紀伊半島になった。

これは地震前からの計画だった。地震でキャンセルしようとも思ったけれど、余震で気持ちが疲れていたし、揺れない安心な場所に行きたい気持ちがあった。また、心が枯れてしまっていたので、「日本」の風景を改めて見に行きたかった。

南紀白浜空港→紀伊勝浦→湯川温泉→川湯温泉→十津川村→南紀白浜空港のルート。いつも通り、わたしと嫁さんで計画を立てて、自分で交通手段も宿も決める(パック旅行には抵抗あり)。

飛行機はエンブラエル170。70席ほどのブラジル製の飛行機。今回初めて乗る(^^)

飛行機から富士山が見えた。富士山を見ると新幹線からでも飛行機からでも拝みたくなる典型的日本人(^^;。日本的風景を見て涙する(その1)。

南紀白浜空港から白浜駅へバスで移動し、オーシャンアロー号に乗る。オーシャンアロー号初めてでご機嫌(^^)。紀伊勝浦駅へ。

勝浦港。マグロの水揚げで有名な漁港。でも魚港や漁船を見ると津波の光景が頭をよぎる。勝浦駅から湯川駅へ移動し徒歩で湯川温泉へ。

湯川温泉の桜。日本的風景を見て涙する(その2)。湯川温泉では恵比寿屋という旅館に宿泊。良いお湯でした。

翌朝、紀伊勝浦駅にてレンタカーを借りる。ホンダのフィット。以前ずっとホンダの車に乗っていたためか、勝手がよく分かり良い気分(^^)。雨の中、那智の滝へ。

那智の大滝。遠景では絵に描いたような滝。日本的風景を見て涙する(その3)。これは高さ133mの滝で、近くに寄ると水しぶきと水による風が。

滝の近くには新しい命の芽吹き。日本的風景を見て涙する(その4)

那智の滝近く。熊野古道のひとつ。日本的風景を見て涙する(その5)。熊野那智大社や熊野本宮大社にも訪れる。

川湯温泉へ。ここは川から温泉が湧いていて、川岸の露天風呂がある。11月から2月の間は川全体が風呂になるらしいがシーズンが違いちょっとだけの体験。

宿泊は川湯温泉の「元湯こぶち」という旅館。8,000円/人とそれほど高くないけれども、極めて豪華かつおいしいお料理。

鮎の天ぷらなどがあり、そのおいしいこと(^^)

翌朝、奈良県十津川村へ。十津川は秘境とも言われる場所でぜひ行ってみたかった場所。

十津川の桜。十津川だけでなく丁度桜が満開。こんな時にも花はいつも通り咲くのだと思うと、感慨深い。日本的風景を見て涙する(その6)。

こんな渓流があったり。日本的風景を見て涙する(その7)。

こんな滝と流れがあったり@笹の滝。細い道を10数km走ってやっと出会える風景。日本的風景を見て涙する(その8)。

玉置神社へ主要な道路(国道168号線)から村道に入り13km山道を登る。駐車場からさらに20分ほど歩くと周りの杉の木がだんだん太くなり、最終的にはこんなのに(樹齢3,000年)。

玉置神社の境内。標高は1,000m。こんなところに神社をと思うと、また、周りの杉の木の大きさを見ると神様の存在を感じる。実際、信仰の厚い方が来ておられました。日本的風景を見て涙する(その9)。

十津川村にはあまりに山と谷が激しくこんな吊り橋がいくつもあります。渡ろうとすると揺れて揺れて、ちびる。

何せ、ただの木の板とワイヤー。下は透き通る川の流れ。また、橋のそばではヘビが歩いているのを見かけました(写真にはうまく撮れず)。

特に有名なのは谷瀬の吊り橋。長さ約300m。高さは50mほど。空中散歩と言えば聞こえは良いが、渡るのは怖いのなんの。

野猿と言われる人力ロープウェーも乗ってみる。腕力が相当要ります。

十津川村では「ホテル昴」に泊まる。ここはちょっと贅沢をした(13,000円/人)。今回の日程の中でここに来てやっとインターネットにつなぐことができた。建物も料理も豪華、また、温泉プールが付いていてたくさん泳いでみる。ヴァイオリンも持ってきたけれども、泳いだ後に弾いてみたら(もちろん、消音器をつけて)とても調子が良い(^^)。

南紀白浜空港にてレンタカーを返却するまでに時間が少々あったので白良浜へ。有名な真っ白な砂浜。美しい夕暮れ。

アドベンチャーワールドには行かなかったけれど、空港にて双子パンダの肉まん。

やっと地震のことが頭によぎらなくなったと思った矢先に、空港にて11日17時台の大きな余震について知って気分が暗くなる。それでも、だいぶ気持ちの上で回復できたかなと。多くの日本的な風景に出会うことができました(^^)。

 



大人のためのヴァイオリン教室
東京レッスンの予約愛知レッスンの予約

ヴァイオリンがわかる管理人の日記

ヴァイオリンがわかる ツイッター  ヴァイオリンがわかる Facebook  ヴァイオリンがわかる インスタグラム