ヴァイオリンがわかる!

ヴァイオリンがわかる!はヴァイオリンに対して熱意を持って取り組んでいる方を応援するヴァイオリン情報サイトです。

お詫び

先日アップしたシュラディックの動画ですが、公開範囲の設定を間違えたままでご覧頂くことができませんでした。大変に失礼致しました。

修正しましたのでよろしければご利用下さい。

 


 

ネックの調整

金曜日は楽器屋さんにでかけ先日購入した新作楽器のネック調整をして頂く。ネックの加減に違和感があったため自分のオールド楽器と同じような形にして頂いた。

弾きやすくなっただけでなく、音量もより一層大きく冴えた音色になった。

土曜日・日曜日のレッスンで長時間使ったけれども、左手の疲れは減少したし、耳障りな音が減ったのか耳の疲労も少なくなった。音程も取りやすくなったし、出したい音色が出るようになったし。

楽器の音は全てが影響しているなと改めて思い知らされる。振動体って、バランスってこういうことなんだなと。

 


 

淡々とした音楽

土曜日は東京にて、日曜日は愛知にてレッスン。今回も極めて多くの方にお越し下さり大感謝です。

今の自分的流行(マイブーム)は響きと音程というお話を先日書いた。そのためには左手の加減はできるだけ響きを止めないようなタッチで弾くと好ましい結果が得られるように思える。

ゆっくりした曲では、左手もゆっくりとしたタッチの方が音楽的になるし、速い曲でも軽いタッチの方が音程も音もよく出る。叩く・押さえるというのはわたし自身そのように信じ込んでいたけれども、あまり好ましくないように思える。

音楽に導かれるように淡々とした演奏が最近好ましく感じる。年をとったのか、それとも良いものを多く触った結果なのか。性能に余裕のある楽器(値段とは関係ない)で、楽器に無理をかけずに弾くような感じ。レクサスでタイヤをきしませて走るのは似合わないようなものか。

 



大人のためのヴァイオリン教室
東京レッスンの予約愛知レッスンの予約

ヴァイオリンがわかる管理人の日記

ヴァイオリンがわかる ツイッター  ヴァイオリンがわかる Facebook  ヴァイオリンがわかる インスタグラム