ヴァイオリンがわかる!

ヴァイオリンがわかる!はヴァイオリンに対して熱意を持って取り組んでいる方を応援するヴァイオリン情報サイトです。

レッスン(教える方):ある一日

5時半起床。6時半に駒込駅から山手線に乗り7時10分の新幹線で名古屋へ。新幹線の無線LANを使ってHPの編集を行うものの、いまひとつだったのでアップせず。

8時50分に名古屋駅到着、9時半に愛知の実家に到着。

両親にスケジュールを確認してもらい、レッスンをする部屋の準備、それからヴァイオリンの音出しとトラブルが無いかチェック。15分前から気合いを入れて(ポップスのコンサートでスタッフ全員で気合いを入れるけれども、あんな感覚)、10時からの方をお迎えする。

レッスンの前はいつも消極的になっている。「えい!」と気合いを入れないとスタートできないのがいつもの日常。

この日は12時と16時に休み時間を入れていた。12時に昼食、16時に夕食を。この日は遠方からの方がおふた方おられたので、PCでJRと名鉄のページで運行状況を確認とぼけーと「中古楽器屋」のページを眺める(レッスンの後は気が抜けてしまう感じ)。

21時までレッスンをして、最後の方と少しお話して今日は終了。お風呂に入って寝る。

忙しいと言いたいのではない。こんなのは忙しいうちに入らないだろう。この日は9コマと今回も多くの方にお越し下さった。こうやって緊張してビビリながらレッスンをしているわけだけれども、わたしなりに楽しくやらせて頂いている。本当に有難いこと思う。

 


 

自分が演奏することについて

ここのところ「演奏会はやらないのですか?」と連続してお問い合わせ頂いたもので。

自分が普通のコンサート形式で演奏することについては非常に消極的。人前で弾くような技量はないし、上手なひとはいくらでもいるし、楽しんでもらえるとも思えない(「魔術師」と言える位で初めて楽しめるコンサートになりうる)。Youtubeでいくらでも名演奏を聴ける時代に、普通のつまらないコンサートをやる価値を見いだせない。

自分は基本的に「すき間商法」なので、練習曲の動画を配信したりシュラディックをYoutubeでゆっくり弾いたりする方が価値があるように思える(1ヶ月で900回ほど閲覧されているので、それなりにお役に立てていると思う)。また自分で弾く以上に、レッスンで「おお!」と良い音になった体験をして頂くのが、わたしとしても楽しい。

今のところ、人前で普通の形式で演奏する気は無しであります。

 



大人のためのヴァイオリン教室
東京レッスンの予約愛知レッスンの予約

ヴァイオリンがわかる管理人の日記

ヴァイオリンがわかる ツイッター  ヴァイオリンがわかる Facebook  ヴァイオリンがわかる インスタグラム