ヴァイオリンがわかる!

ヴァイオリンがわかる!はヴァイオリンに対して熱意を持って取り組んでいる方を応援するヴァイオリン情報サイトです。

レッスン(教える方)

土曜日・日曜日は教える方のレッスン。今週も非常に多くの方にお越し下さり感謝です。
大したことではないのだけれども、コメントを頂いたので。

【玄関のチャイムについて】
1月から玄関のチャイムがふたつにした。もともと設置されていたチャイムは受信器が台所にあり、レッスンをしていると全く聞こえない。そこで、ワイヤレスのチャイムを導入した(配線工事も面倒であるし)。

受信器はレッスンをする部屋に置いてあり、緑色のチャイムを押すとレッスン室に置いてある受信器が鳴る。こういう仕掛けのため、レッスンにお越しの際は緑色のボタンを押して下さいますようお願い致します。

【待合室について】

現在、待合室がないので、レッスン室の中でお待ち頂くようにしている。これが不評で、お入りになる方が多くないし、待っているほうが緊張するという方もおられた。

玄関か廊下にお待ち頂けるスペースを作ろうと思ってはいるが、スペースを上手く使える妙案がなくそのままになっている(何だか、廊下は学校で立たされているような感じがするし)。

寒いことでもあるし、当面、中に入ってお待ち頂ければと思う。

 


 

ヴァイオリン買った

表題の通り、金曜日にヴァイオリンを購入した。これまでうちには無かったコンセプトの楽器で情報を入手した翌日に飛んでいって購入してきた。

いえ、単なるヤマハのサイレントヴァイオリン(SV-150 中古品)。

サイレントヴァイオリンは1997年の出始めの頃から注目していて何度も購入を検討してきた。アコースティックの代わりではなく、エレクトリックヴァイオリンが欲しかったから。けれども、試奏する度に重量バランスやネックの加減に違和感を感じオミットしてきた。

2年前(2008年)の楽器フェアでSV-150という新機種を弾いて、これならOKと感じた。プリアンプの部分を本体から切り離すことで軽量化をしたというもの。また、ネックの加減も改良されており「普通のヴァイオリン」とほぼ同じになった。このSV-150の中古品が出たら購入しようと思っていて、初めて見かけたのですぐに購入(63,000円)。

若干、ナットが高いのが違和感を感じるが、なかなか良い感じ(駒は作り直しの必要はある)。

思ったより胴体が振動するので消音ヴァイオリンとしては不向きに感じた(アコースティックヴァイオリンに消音器の方が音が小さい)が、それが目的ではないので問題なし。エレクトリックヴァイオリンとしては激鳴りで非常に優秀。しかも、これだけ軽いエレクトリックヴァイオリンは無い。内蔵エフェクターもあまり良いとは思えないが、別途エフェクターをかけるので問題なし。

とりあえず、エフェクターなしで多重録音で録音してみた。ピエゾピックアップ独特の侘びしい音色にちょっと笑えたのでご紹介。下記リンクをクリックすると再生できます。

♪SV-150で弾いてみた(多重録音:ギター、ベースも私が弾いております):MP3 300KB程度)

 



大人のためのヴァイオリン教室
東京レッスンの予約愛知レッスンの予約

ヴァイオリンがわかる管理人の日記

ヴァイオリンがわかる ツイッター  ヴァイオリンがわかる Facebook  ヴァイオリンがわかる インスタグラム