ヴァイオリンがわかる!

ヴァイオリンがわかる!はヴァイオリンに対して熱意を持って取り組んでいる方を応援するヴァイオリン情報サイトです。

激安店で弦を買ってみた

ご存じの方もおられるかと思うが、55%引きでネット上で弦を売っているお店がある。「【I love strings.】弦の激安通販ショップ」というお店。

http://i-love-strings.com/

どのように評価されているのか分からないけれども、弦のストックが無くなってきたので試してみることにした。ヴァイオリンのドミナント(ADG:50%引き)3セットと、ゴールドブラカット3本(50%引き)、それからヴィオラのオブリガート1セット(55%引き)。これで21,442円なので安い。

注文は19日朝で20日のお昼頃届いた。緩衝材入りの封筒に入れて送付して下さり、非常に迅速かつ丁寧な仕事で好感度は高い。

激安だからといって、特別に問題はないように思えた。わたし的には非常に満足です。

こういうお店についていろいろ言う方がいるかと思うが、弦の定価はあまりに高すぎると思うし、この価格と仕事を維持できるよう頑張って頂きたいと思う。

 


 

レッスン(教える方)

木曜日は教える方のレッスン。3コマ!しかも、お昼の時間帯は大きく空いていた。

お昼の間に自分の練習を少しさせて頂く。張り替えたヴィオラのオブリガート(はじめて使うのです)の加減を見ることや、ちょっと気になっていた技術的な事など。

チャイコフスキーの協奏曲で、速いパッセージのところを練習。左手の親指を意識してシフティング(ポジション移動)をするのがやはり良さそう。シフティングはとかく、押さえる4本の指を重視されるが、最も重視すべきなのは親指ではないだろうかと思う。

パガニーニのカプリース9番でもやってみる。これはテーマがスルタストなので、右を軽く弾くことになるが、左も緩めたいところ。やはり、親指中心で音程は取りやすくなるように思える。「親指先行」はよく言われるが、「親指でシフティング」はあまり言われない気がする。

ヴァイオリンは指先で弾くのではなく、極力身体の中の方から弾くものと考えているが、シフティングについてもそんなような気がする(これについて書いてある本は見あたらないが・・・)。

 



大人のためのヴァイオリン教室
東京レッスンの予約愛知レッスンの予約

ヴァイオリンがわかる管理人の日記

ヴァイオリンがわかる ツイッター  ヴァイオリンがわかる Facebook  ヴァイオリンがわかる インスタグラム