ヴァイオリンがわかる!

ヴァイオリンがわかる!はヴァイオリンに対して熱意を持って取り組んでいる方を応援するヴァイオリン情報サイトです。

レッスン(教える方)

月曜日は愛知レッスン2日目。今回も5コマと多くの方にお越し下さり有難うございました。

今回、ある方にお話させて頂いたこと。「独り言」ではなくということ。

テクニック的には問題なくても、聴かせようとしていない演奏は、どうも変な具合になる。音色は貧弱になるし、リズムや音程もいまひとつになる。すなわち、独り言のような感じ。

音楽は、人に聴かせてナンボのものではあると思う(もちろん自分で楽しむ趣味の要素はあるものの)。まして、ヴァイオリンはけたたましい音を発する楽器で、誰かに聴かせようとする意識が必要になると思う。大声での独り言が強い違和感を感じるようなものだろうか。

誰かに聴かせるようにとするだけで、音色も音程もよくなるので面白いところ。


 

ウッドカーペット

愛知レッスンをやっている部屋にウッドカーペットを敷いた。あまりにも響かない部屋で、良い音になっても差があまり分からないという問題があるし、音が吸収されてついつい強い力で弾いてしまう部屋。

響きの改善に、じゅうたんの床にウッドカーペットを敷くことにした。川口の部屋にも同様のウッドカーペットを敷いてあり、かなりの効果がでたのでうまくいくのではないかと期待して。

月曜日の午前中に敷設作業。カーペットに挟まれて腕を怪我してしまった(T_T)

幾分反射音が増えて弾きやすくなった。大きく弾けば大きく聞こえるし、小さく弾いても貧弱にはならない。ただ、予想よりも効果が小さかった。もう少し残響が出ると思ったけれども、天井か壁で吸収されるのか残響が出ない。もう一歩改善が必要。

部屋の隅に置いてあるいろんなものを片付けるなど、細かな改善で対策していきたい。

出している音が正しく自分に聞こえてくる部屋にできればなと。



大人のためのヴァイオリン教室
東京レッスンの予約愛知レッスンの予約

ヴァイオリンがわかる管理人の日記

ヴァイオリンがわかる ツイッター  ヴァイオリンがわかる Facebook  ヴァイオリンがわかる インスタグラム