ヴァイオリンがわかる!

ヴァイオリンがわかる!はヴァイオリンに対して熱意を持って取り組んでいる方を応援するヴァイオリン情報サイトです。

レッスン(教える方)

土曜日は埼玉にて、日曜日は愛知にてレッスン。埼玉の方は蒸し暑い中、愛知の方は土砂降りになったり雷が鳴ったりという中、今回も多くの方にお越し下さり有難うございました。

今週は日曜から木曜日までのレッスンを少なくさせて頂いていた。疲れがたまっていたのだろう。細かなミスが増えていたし、いろいろ改善しなければならないこともあった。少しお休みを頂いたおかげで土曜日のレッスンは元気にできた。

ヴィブラートについて。手のひらを中心に手を筒状にしてやって頂くとうまくいくケースがあった。ヴィブラートは手の柔軟性と、指板へ指が密着することの両方が必要になる。筒状にすることで、ある程度両方を満たすことができる。

また、わたし自身について。手が乾燥しているときはハンドクリームを手に塗って弾く場合があるけれども、ヴィブラートなどについてもかなり有効であることを最近再認識した。

ヴィブラートはかなり難易度の高い技術だけれども、やっていくと着実に良くなると思う。ゆるく頑張らず。

 


 

楽器が欲しい病発症中

楽器が欲しい病発症中。ヴァイオリンではなく、エレクトリックギターとドラム(電子ドラムです)。日々、デジマート(という楽器販売情報サイト)を眺めては、ため息をついている日々。

楽器の経験は鍵盤楽器が一番長く(3歳〜でもあまり弾けない)、次がヴァイオリン(5歳〜)。その後に、ギター(中学生〜)、ホルン(中学生〜高校生)、ドラムス(高校生)と続く。

アコースティックギターは非常に良い楽器を持っているけれども、エレキギターは良いものが欲しいと長年かけて物色中(ギブソンのレスポールを中心に物色中。でも、最近良いストラトキャスターを見つけてしまった)。

ドラムスは電子ドラムなら家でも叩けるので、出始めの頃から興味があった。出始めの時に、叩いてそのリアルさに感動した電子ドラム(ローランドのTD-20という機種)がモデルチェンジで現在安売りしている。極めて危険な状態。

子供の頃と違って、買おうと思えば買えてしまうので、殊に危険。

そんなに楽器があっても仕方ないと思うのだけれども、やはり楽しい。電子チェンバロもいつ弾いても飽きないし、エレキベースは久しぶりに取り出して弾いてみたらいろんなイマジネーションが出てきた。アコギはいつでも良い音だし。

楽器に囲まれていれば幸せな日々(^^)。



大人のためのヴァイオリン教室
東京レッスンの予約愛知レッスンの予約

ヴァイオリンがわかる管理人の日記

ヴァイオリンがわかる ツイッター  ヴァイオリンがわかる Facebook  ヴァイオリンがわかる インスタグラム